ひと口に‘上司’と言っても、様々な人がいます。

様々なタイプの上司とうまく付き合っていくには、

どのようにしたらよいでしょうか。

 

私の失敗した例・成功した例を踏まえ、

心がけるポイントについてお話ししたいと思います。

 

 

失敗した例

進学塾でOA事務の仕事をしていた頃の話です。

 

それまで仕事はあまり忙しくなく、

基本的に定時で退勤できていたのですが、

産休に入った正社員の女性の仕事を引き受けたことをきっかけに、

20時や21時まで残業になることが多くなりました。

 

当時の上司は細かくてきちっとしたタイプの男性で、

忙しくなる前までは、

任されている仕事の途中経過を逐一報告し、

少しでもイレギュラーなことがあると確認するよう努めていましたが、

忙しさに加え、上司の外出が多いことが手伝い、

情報をなかなか共有できないことが増えてきました。

 

ある時、上司が不在の時に、

メールで他部署から調査の依頼が入ってきました。

いつもであればメールで上司に連絡を入れるのですが、

その時は締切が迫っていたため時間的な余裕がありませんでした。

 

しかも、その調査は以前にも行ったことがあり、

同じ要領で進めれば問題ないことは分かっていたので、

メールに上司もCCに入っているから問題ないと思い、

上司に確認することなく仕事を進めました。

 

仕事の内容としては何ら問題はなかったのですが、

数日後に久しぶりに上司と顔を合わせると、

「で、CCが入っていたあの件は一体どうなってるわけ?」

と、その顔には不快感がにじみ出ているのです。

自分に確認してほしかった、という思いが、

表情から受け取れました。

 

また、別の日にはこんなこともありました。

上司は普段から言葉が足りないことが多く、

資料作成の時は項目や範囲など

細かく確認してから仕事を始めるのですが、

その時はバタバタしていたこともあり、

少しあいまいな点がありつつも資料を作成したのです。

 

上司に完成した資料を見せると、

「あー、ごめん、これこの前のとは違うんだよね。

 ここにこれを入れて欲しかったの。」

 

資料は一から作り直しになりました。

 

 

成功した例

外資系保険会社の営業店で働いていた時の話です。

 

私の上司は支店長で、

営業時代にずば抜けた営業成績を上げ、

その会社で初めて契約社員から正社員になった人でした。

 

「俺は派遣だから、契約社員だから、というのは嫌い」

と、飲み会で話していたことがあります。

「自分は契約社員だからここまででいい、と、

仕事の範囲の限界を作らなかったことで、

スキルを上げることができた。

だからスタッフにも雇用形態に関わらず、

自発的に仕事に取り組んでもらいたい。」

という考えだったそうです。

 

 

私はこのことから、

顧客からの問い合わせで分からないことがあった時は、

契約社員の人に聞きながら、

時には保険の参考書を見ながら受け答えをし、

保険に関する知識をつけられるように心がけました。

 

また、当時顧客に届かない保険証券が多いことが

その営業店の問題になっていたのですが、

「私が一覧を作成し、営業に回覧するようにしましょうか。

さらに未対応の案件は半月ごとに私から状況確認を行いますよ。」

と、支店長に提案したところ、この案は採用され、

未達の保険証券を減らすことにつながりました。

 

その結果、契約を終了するときには、

「〇〇さんは言わなくても

 ちゃんと仕事をしてくれる人で楽だった。

 積極的に電話対応もして仕事を覚えてくれた。」

という言葉をいただくことができました。

 

以上の経験から、

私からアドバイスをしたいのは以下の3点です。

 

1.上司がどんな人間なのかを知る

失敗した例にあるように、

派遣社員の仕事を把握し管理したい上司の場合、

できるからといって派遣社員が

自分の判断で仕事を進めることを好ましくは思いません。

 

逆に、成功した例のような自発性を尊重する上司の場合は、

どんどん自分で仕事を覚えて、

金銭的な問題や社内での運用などの問題以外は、

派遣社員といえども

自分で解決してほしいと思う傾向があります。

 

大切なのは、自分の上司がどんな人間で

派遣社員にはどのように働いてほしいと思っているのか

それを知ることです。

 

それに合わせて働くことで、

上司との関係は良い方向に向かっていくでしょう。

 

 

2.仕事は前向きに

上司からすれば、自分のところで働く人は、

正社員でも派遣社員でも、

仕事に前向きであってほしいものですよね。

 

指示をした時に部下から嫌な顔をされて、

気持ちの良い人間はいないものです。

 

仕事に前向きであれば、

より多くのことを吸収することができ、

自分のスキルアップにもつながります

これからのキャリアに役立つこともあるかもしれません。

 

前向きでいるためには、

仕事に私情を挟まないことがポイントです。

手間だから、面倒くさいから、ではなく、

客観的に見てどのように行動したらよいのかを考えましょう。

 

 

3.大切なのは話すこと

上司との仕事のやりとりにおいて、

うまくいかないと感じることの多くが、

コミュニケーションに起因しています。

 

例えば、上司の指示が不明確である、

言うことがコロコロ変わる、などの場合は、

それにより自分の仕事が円滑に回らなくなったり、

二度手間になったり、

ストレスの原因になりやすいものです。

 

このようなときの解決策は、

「話すこと」これに尽きると思います。

 

「いつまでに誰に確認するのですか?」

「先日はこう仰っていましたが、お変わりないでしょうか。」

など、手間ではありますが、

必要な情報を得るために細かく聞き、

念を押しながら確認しておくと、

「かみ合わない」という事態を最小限に抑えることができます。

 

私たちはテレパシーを使うことはできないので、

最終的には言葉で分かり合うことしかできません

また、上司の性格を変えるというのも難しいものです。

 

自分の働き方を工夫して、

上司との上手な付き合い方を見つけられると良いですね。

 

 

下のランキングも合わせて、ご参考になれば幸いです。
  1. ヒューマンリソシア

    banner_b_300_250
    おすすめ度 5.0
    仕事の多さ 4.5
    フォロー体制 4.5
    設立:
    1988年
    登録スタッフ数:
    約37万人

    →福利厚生が充実の派遣会社!
    元々、通信講座等の「教育サービス」が主力だった派遣会社です。

    派遣で就業すると、
    福利厚生として様々な資格取得の講座を割引で受けられます。
    数と質は他社より優れています。

    事務系のお仕事案件を
    メインとしていますので、
    デスクワークをしながら
    PCの資格を取得したい!

    資格を取って自分をレベルアップさせたい!
    という方にはメリットのある企業です。

    また、親身なスタッフ対応が
    この派遣会社の大きな強みとなっています。
    未経験から事務の仕事に就きたい方には、
    大手派遣会社よりオススメです。

    口コミのレビュー

    ここで働きながら、ファイナンシャルプランナーの資格を取得できました。営業さんがずっと応援してくれて、心強かったです。(20代女性)

    PCがあまり得意ではないため、他では全くと言っていいほど紹介されませんでしたが、担当さんが頑張ってくれて、ここでは職に就くことができました。(40代女性)

     

    ヒューマンリソシアのWebサイトへ

  2. リクルートスタッフィング

    300_250
    おすすめ度 5.0
    仕事の多さ 5.0
    フォロー体制 4.0
    設立:
    1987年
    登録スタッフ数:
    約90万人

    →業界最王手の派遣会社。

    一般的にも広く名の知れた企業であり、
    求人の質・量ともに国内最高と言えます。

    中でも、誰もがあこがれる超大手企業や、
    人気企業などのお仕事が豊富なのが魅力です。

    巨大なリクルートグループの強みを活かした
    他社よりもワンランク上の福利厚生
    スキルアップ制度など多彩なフォロー体制で
    はたらくスタッフの後ろを
    しっかりとサポートしてくれます。

    口コミのレビュー

    仕事の量が多くて、自分が選べる環境に驚いた!(30代女性)

    毎月しっかり状況確認のフォローをしてくれることに満足しています。(40代男性)

    時給を交渉しなくても、自然に上げてくれる派遣会社。(20代女性)

    なぜか、似たような求人でも他社より時給が高い。(30代女性)

    自己都合で退職したときでも、紹介が途切れず安心できた。(30代男性)

     
  3. インテリジェンス

    300_250
    おすすめ度 4.5
    仕事の多さ 4.0
    フォロー体制 4.5
    設立:
    1989年
    登録スタッフ数:
    非公開
    →「はたらくを楽しもう」をテーマに掲げ、
    転職支援サイト「DODA」や求人情報サイト「an」を運営する派遣会社。

    正社員転職に強みがあり、
    派遣での就業から正社員への
    ステップアップ実績も多数。

    業界内では洗練されているイメージがあり、
    非常に人気があります。

    派遣会社といえば、
    ほぼ全ての会社で
    訪問しての登録面談が必須ですが、
    インテリジェンスはWEBのみで
    派遣登録を完結させることが出来ます。

    来社不要の「オンライン登録」が
    時間短縮の面でも効率的です。
    口コミのレビュー
    若い社員が多いですが、皆さん親身に話を聞いてくれ、問題の解決に向けて一生懸命動いてくれて助かった。(30代女性)

    社員の質が他社よりも高いと思います。問題解決のスピードも速く、何に対してもレスポンスが良かった。(20代男性)

    営業担当の距離感のとり方が上手だった。派遣先からも好評価で、なんだか私も誇らしく思えた。(20代女性)

    インテリジェンスのWebサイトへ

  4. テンプスタッフ

    250_250gif
    おすすめ度 4.0
    仕事の多さ 3.5
    フォロー体制 3.0
    設立:
    1973年
    登録スタッフ数:
    国内約100万人
    →業界の老舗、女性を応援する派遣会社!
    比較的歴史の浅い派遣業界ですが、
    テンプスタッフはその先駆けとして、
    多くのノウハウが蓄積されています。

    社員教育もしっかりしており、
    トラブル対応力の高い営業が
    多く在籍しています。

    「今後もこの派遣会社の
    スタッフとして仕事がしたい」
    と賞賛されてる会社として
    評価されていて信頼できます。

    特に、働くママへのフォロー体制の充実度は
    派遣業界NO,1と言えます。

    子育てのために
    仕事のブランクがある人を対象にした
    「復職支援」が人気で、
    心構えからブランク解消のための
    実技研修など充実の内容です。
    女性には特に登録をお勧めしたい会社です。

     
    口コミのレビュー
    営業、仕事内容、時給。どれも相対的にレベルが高いです。(30代男性)

    数少ないママの味方になってくれる派遣会社!(30代女性)

    内部連携がしっかり取れている印象。社内のスタッフはみんないい人。(40代女性)

     

    テンプスタッフのWebサイトへ

  5. マンパワー

    normal_300_250
    おすすめ度 4.0
    仕事の多さ 3.0
    フォロー体制 4.0
    設立:
    1966年
    登録スタッフ数:
    約48万人
    日本で一番最初に
    派遣ビジネスをはじめた会社!
    マンパワーは、世界80カ国で
    事業展開するグローバルな派遣会社です。

    過去、派遣スタッフ満足度調査で
    「仕事紹介までのスピード(待機)の満足度」
    他5部門で第1位を獲得。

    外資系らしく、
    そのスピード感には定評があります。

    また、派遣だけの紹介にとどまらず、
    紹介予定派遣
    (最長6ヶ月の派遣就業後に直雇用の可能性)
    に代表される、直接雇用のシェアが
    多いのも魅力のひとつです。
    口コミのレビュー
    仕事決定までがとにかく早い。登録して即、就職できた。(30代男性)

    営業は過度なフォローをしないが、頼みごとに対するレスポンスが早くて助かっていた。(30代男性)

    基本、派遣先は優良企業ばかり。紹介される身としては安心して仕事先を選べました。(20代女性)

    仕事探しには
    マンパワーの運営するお仕事紹介サイト「JOBnet」を利用しましょう。 全国のマンパワーグループの求人を、
    たくさんの「こだわり条件」から
    お仕事詳細まで確認することができます。

    希望の仕事が見つかれば、
    マイページ登録をすることで
    実際に紹介が受けられます。

    マンパワーの「JOBnetへ」