本業一本で満足できる収入を得られるのが一番の理想ですが、

働いていれば、

「もう少しお給料が欲しい」

「今月は出費が多くて苦しい」

等と、給与に対する不満を抱くことがあると思います。

 

そして、そんな時に頭をよぎるのが、

“Wワーク(副業)”ではないでしょうか。

 

一般的に、正社員や契約社員などの直雇用の場合は、

就業規則により副業が禁止されている会社が大半です。

 

では、派遣の場合はどうなのでしょうか?

 

派遣で働きながら副業はアリ?ナシ?

派遣社員の場合、

副業を禁止している会社は少ないので、

基本的には問題ありません。

但し、一部の派遣会社では禁止しているケースもあるので、

所属の会社に確認してからにしましょう。

 

深く考えずに、むやみに副業を始めてしまうと、

自分がきつくなりますので、

仕事の内容把握や

事前にスケジュール管理をきちんとしてから、

スタートすることが肝心です。

 

オススメの副業

まず、副業を始めるにあたって、

“本業に支障が出ない範囲で仕事をする”

という前提で探すようにしましょう。

 

あくまでもメインの収入源は確保しつつ、

+αの収入を得るための副業ですので、

副業のせいで本業を失うことになっては本末転倒です。

①週5日の派遣業務+単発派遣

5日の派遣業務をしながら、休みの土日に単発の仕事を入れる

という働き方です。

毎月コンスタントに副収入が欲しい場合は、

この方法がおすすめです。

 

単発業務の種類は様々ですが、

・展示会やイベント会場でのスタッフ

・試食販売員

・工場等での軽作業

などが主だった仕事としてあります。

 

自分の特性に合った仕事を選んだほうが、

精神的にも、肉体的にも負担が少なくて済みますので、

求人サイト等を利用して、

どんな仕事内容かを理解した上でエントリーするようにしましょう。

 

就業している派遣会社が単発の仕事も扱っていれば、

そこから紹介してもらうのが一番手っ取り早いですが、

登録している派遣会社が長期派遣しか扱っていない場合は、

単発案件を多数扱っている会社に登録に行ってみてください。

 

また、派遣会社によって、扱っている案件が異なりますので、

確実に希望した日に単発の仕事を入れたい場合は、

複数の派遣会社に登録しておくのがおすすめです。

 

作業系の仕事であれば、曜日を問わず仕事がありますが、

イベントや試食販売スタッフなどは、土日祝日がメインの稼働日となります。

本業が土日を含むシフト制の場合は、

希望通りに稼働できない可能性もありますので、

その点は注意して検討してください。

 

②長期休暇の時だけ副業をする

通常月は本業のみに専念し、連休などまとまった休みの時に単発業務をする

という働き方です。

これは、

空いた時間を有効に使いたいけど、週に2日きちんと休みたい

という方に向いています。

 

長期休暇というものは、年に何回もあるわけではないので、

年収で見ると、大した増額にはなりませんが、

何もしないよりはプラスになります。

 

また、何でもない土日よりも、

ゴールデンウィークや年末の休暇のほうが、

様々なところで催事が行われており、単発業務の数も増えるので、

比較的仕事は探しやすいでしょう。

 

※①②の方法を希望する際の注意点として、

単発の仕事を求めて、新たに派遣登録をする場合は、

最低でも稼働希望日の1~2週間前には派遣会社登録に行くようにしてください。

単発の仕事は、「今日登録して明日働ける」というものではありません。

特にイベントや試食販売等の接客系の仕事の場合は、

人気のある現場から稼働枠が埋まっていきますので、

早く登録すれば、その分、自分の希望条件に近い案件を紹介してもらえます。

 

また、単発のイベント系の場合は、

“屋外の仕事もあり得る” という点も頭に入れておいてください。

真夏の炎天下でチラシ配り、真冬の屋外イベント会場での接客等、

仕事内容自体は簡単でも、

季節によっては体力が必要になるケースもありますので、

無理のない程度で仕事を選ぶようにしてください。

ミスマッチを防ぐために、

派遣登録の際に、自分のNG条件(屋外NG等)を伝えておくと良いでしょう。

③在宅ワーク

副業をしたいけど、会社を掛け持ちするのはきつい

という方は、在宅ワークという選択肢もあります。

今は、一昔前のような“内職”はほとんどありませんので、

ネットを介したクラウドソーシングや、アンケートモニターなどの仕事があります。

 

自宅で空いた時間にできるという点はメリットですが、

①②に比べて、仕事の単価が格段に安いため、多額の収入増は見込めません。

作業量にもよりますが、得られるのは、月に数百円~多くても1万円前後でしょう。

 

①②のような、単発派遣の賃金は地域差もありますので一概には言えませんが、

時給1000~1200円程度の案件が多いので、1日7~8時間働けば、

7000円~10000円前後を稼ぐことができます。

 

どのくらい副収入が欲しいのか、

どんな仕事なら無理なく掛け持ちできそうかを、

しっかり考えた上で選択してください。

 

副業の失敗例

参考までに、私が派遣会社で勤務していた際に実際に見てきた

Wワークの失敗例をご紹介します。

 

【昼間の仕事と・夜間の仕事を掛け持ち】

Aさんは、私が働いていた派遣会社から、

平日9~18時までの事務の派遣業務をしていました。

勤務開始からしばらく経つと、

始業に遅れたり、

日中もぼーっとして身が入っていないようだと、

派遣先からクレームが入りました。

本人に確認したところ、他社で週に3~4日の夜勤の仕事を掛け持ちしていました。

掛け持ち自体はOKだったのですが、

昼間のフルタイムの仕事と、夜勤のWワークだったため、睡眠時間が減り、

かなり疲労が溜まって様子。

何故、そんな無理な働き方をするのか話し合ったところ、

平日の昼間の給料だけでは生活できないので、Wワークも辞められなとのこと。

結局、派遣先での態度が治らず、メインの収入源であった昼間の仕事は、

勤怠不良を理由に契約更新ナシとなってしまいました。

 

円滑に副業をするためのポイント

前項で挙げた事例のようにならない為に、

副業をする際は、

・自分の体力を把握し、無理のない程度に働

・どちらの会社にも迷惑がかからない範囲で働く

・派遣元に副業していることを伝えておく

 

ということが大事です。

 

文頭でも申し上げましたが、

副業の大前提は、本業に支障がでない程度で働くことです。

無理をして体調を崩さないことが、肝心です。

 

そして、掛け持ちする場合は、

どの会社にも迷惑がかからないスケジュールを考えましょう。

例えば、17時迄の勤務の後、18時からの別の仕事を入れたりすると、

前の仕事が残業になったら間に合わなくなってしまいます。

 

また、派遣元に副業をしていることを事前に伝えておくことによって、

何かトラブルがあった時にサポートしてもらえたり、

連絡がつかなくても不審に思われることはありません。

そして、単発の案件が入ってきた時には、

優先的に紹介してもらえるかもしれませんので、

「副業希望」であることを、派遣元に伝えておいて損はないと思います。

 

うまく派遣会社を利用しながら、

副業を検討してみてください。

 

 

下のランキングも合わせて、ご参考になれば幸いです。
  1. ヒューマンリソシア

    banner_b_300_250
    おすすめ度 5.0
    仕事の多さ 4.5
    フォロー体制 4.5
    設立:
    1988年
    登録スタッフ数:
    約37万人

    →福利厚生が充実の派遣会社!
    元々、通信講座等の「教育サービス」が主力だった派遣会社です。

    派遣で就業すると、
    福利厚生として様々な資格取得の講座を割引で受けられます。
    数と質は他社より優れています。

    事務系のお仕事案件を
    メインとしていますので、
    デスクワークをしながら
    PCの資格を取得したい!

    資格を取って自分をレベルアップさせたい!
    という方にはメリットのある企業です。

    また、親身なスタッフ対応が
    この派遣会社の大きな強みとなっています。
    未経験から事務の仕事に就きたい方には、
    大手派遣会社よりオススメです。

    口コミのレビュー

    ここで働きながら、ファイナンシャルプランナーの資格を取得できました。営業さんがずっと応援してくれて、心強かったです。(20代女性)

    PCがあまり得意ではないため、他では全くと言っていいほど紹介されませんでしたが、担当さんが頑張ってくれて、ここでは職に就くことができました。(40代女性)

     

    ヒューマンリソシアのWebサイトへ

  2. リクルートスタッフィング

    300_250
    おすすめ度 5.0
    仕事の多さ 5.0
    フォロー体制 4.0
    設立:
    1987年
    登録スタッフ数:
    約90万人

    →業界最王手の派遣会社。

    一般的にも広く名の知れた企業であり、
    求人の質・量ともに国内最高と言えます。

    中でも、誰もがあこがれる超大手企業や、
    人気企業などのお仕事が豊富なのが魅力です。

    巨大なリクルートグループの強みを活かした
    他社よりもワンランク上の福利厚生
    スキルアップ制度など多彩なフォロー体制で
    はたらくスタッフの後ろを
    しっかりとサポートしてくれます。

    口コミのレビュー

    仕事の量が多くて、自分が選べる環境に驚いた!(30代女性)

    毎月しっかり状況確認のフォローをしてくれることに満足しています。(40代男性)

    時給を交渉しなくても、自然に上げてくれる派遣会社。(20代女性)

    なぜか、似たような求人でも他社より時給が高い。(30代女性)

    自己都合で退職したときでも、紹介が途切れず安心できた。(30代男性)

     
  3. インテリジェンス

    300_250
    おすすめ度 4.5
    仕事の多さ 4.0
    フォロー体制 4.5
    設立:
    1989年
    登録スタッフ数:
    非公開
    →「はたらくを楽しもう」をテーマに掲げ、
    転職支援サイト「DODA」や求人情報サイト「an」を運営する派遣会社。

    正社員転職に強みがあり、
    派遣での就業から正社員への
    ステップアップ実績も多数。

    業界内では洗練されているイメージがあり、
    非常に人気があります。

    派遣会社といえば、
    ほぼ全ての会社で
    訪問しての登録面談が必須ですが、
    インテリジェンスはWEBのみで
    派遣登録を完結させることが出来ます。

    来社不要の「オンライン登録」が
    時間短縮の面でも効率的です。
    口コミのレビュー
    若い社員が多いですが、皆さん親身に話を聞いてくれ、問題の解決に向けて一生懸命動いてくれて助かった。(30代女性)

    社員の質が他社よりも高いと思います。問題解決のスピードも速く、何に対してもレスポンスが良かった。(20代男性)

    営業担当の距離感のとり方が上手だった。派遣先からも好評価で、なんだか私も誇らしく思えた。(20代女性)

    インテリジェンスのWebサイトへ

  4. テンプスタッフ

    250_250gif
    おすすめ度 4.0
    仕事の多さ 3.5
    フォロー体制 3.0
    設立:
    1973年
    登録スタッフ数:
    国内約100万人
    →業界の老舗、女性を応援する派遣会社!
    比較的歴史の浅い派遣業界ですが、
    テンプスタッフはその先駆けとして、
    多くのノウハウが蓄積されています。

    社員教育もしっかりしており、
    トラブル対応力の高い営業が
    多く在籍しています。

    「今後もこの派遣会社の
    スタッフとして仕事がしたい」
    と賞賛されてる会社として
    評価されていて信頼できます。

    特に、働くママへのフォロー体制の充実度は
    派遣業界NO,1と言えます。

    子育てのために
    仕事のブランクがある人を対象にした
    「復職支援」が人気で、
    心構えからブランク解消のための
    実技研修など充実の内容です。
    女性には特に登録をお勧めしたい会社です。

     
    口コミのレビュー
    営業、仕事内容、時給。どれも相対的にレベルが高いです。(30代男性)

    数少ないママの味方になってくれる派遣会社!(30代女性)

    内部連携がしっかり取れている印象。社内のスタッフはみんないい人。(40代女性)

     

    テンプスタッフのWebサイトへ

  5. マンパワー

    normal_300_250
    おすすめ度 4.0
    仕事の多さ 3.0
    フォロー体制 4.0
    設立:
    1966年
    登録スタッフ数:
    約48万人
    日本で一番最初に
    派遣ビジネスをはじめた会社!
    マンパワーは、世界80カ国で
    事業展開するグローバルな派遣会社です。

    過去、派遣スタッフ満足度調査で
    「仕事紹介までのスピード(待機)の満足度」
    他5部門で第1位を獲得。

    外資系らしく、
    そのスピード感には定評があります。

    また、派遣だけの紹介にとどまらず、
    紹介予定派遣
    (最長6ヶ月の派遣就業後に直雇用の可能性)
    に代表される、直接雇用のシェアが
    多いのも魅力のひとつです。
    口コミのレビュー
    仕事決定までがとにかく早い。登録して即、就職できた。(30代男性)

    営業は過度なフォローをしないが、頼みごとに対するレスポンスが早くて助かっていた。(30代男性)

    基本、派遣先は優良企業ばかり。紹介される身としては安心して仕事先を選べました。(20代女性)

    仕事探しには
    マンパワーの運営するお仕事紹介サイト「JOBnet」を利用しましょう。 全国のマンパワーグループの求人を、
    たくさんの「こだわり条件」から
    お仕事詳細まで確認することができます。

    希望の仕事が見つかれば、
    マイページ登録をすることで
    実際に紹介が受けられます。

    マンパワーの「JOBnetへ」