“確定申告”

よく耳にする単語ではありますが、

実際にはどのようなものかご存知ですか?

 

・どんな人がする手続きなのか?

・どこで手続きするのか?

 

など、意外と知らないこともあるのではないでしょうか。

 

今回は、そんな確定申告についてご紹介します。

 

確定申告とは?

源泉徴収・年末調整・確定申告・・それぞれ、どんな意味??

確定申告とは、1年間の所得と、その所得に対する税金を計算し、

源泉徴収等で事前に納めている税額と比較し、

税金の過不足を精算するための手続きのことです。

 

 

確定申告をするにあたり、“源泉徴収”“年末調整”など、

実はよく意味を分かっていないというワードも多いと思いますので、

その点からご説明します。

 

会社員や公務員は、毎月の給与から税金が天引きされます。

給与から、事前に税金が差し引かれることを源泉徴収といいます。

 

しかし、毎月天引きされている納税金額は暫定的な金額のため、

必ずしも正しい額とは限りません。

そのため、年末に正確な納税額を調整します。これが、年末調整です。

1月1日から12月31日までの期間の所得で、年末調整を行い、

その年に給与から納めていた税額が払いすぎだった場合には、

差額を還付してもらうことができます。

 

これらの作業は、所属している会社が手続きをしてくれるので、

従業員である私たちがする作業はほとんどありません。

(※生命保険料控除などがある場合は、書類提出が必要です。別の項で説明します)

 

派遣社員の場合も、

給与をもらっている派遣会社が1社で、

且つ、その派遣会社で年末調整も行ってくれていれば、

上記と同様に確定申告をする必要はありません。

 

ですが、派遣会社の中には、

派遣スタッフの年末調整を行っていない企業もあります。

私が以前勤めていた派遣会社も、スタッフの年末調整は行っていませんでした。

登録時や雇用契約の際に、

この点について説明を受けている(もしくは、説明が書いた書類等をもらっている)と思いますが、

不明な場合は、所属の派遣会社に確認してみてください。

 

確定申告が必要なケース

前述したように、1社の派遣会社から給与をもらい、

且つ、その派遣会社で年末調整をしてくれる場合は、

確定申告をするは必要ありません。

 

ですが、下記に該当する方は、確定申告が必要です。

 

①勤めている会社で、年末調整をしてもらえない人

②2社以上の会社から給与所得がある人

③年の途中で退職し、再就職せず年末調整が済んでいない人

④給与所得の他に、不動産賃料などの副収入が、年間20万円以上ある人

⑤年末調整では受けられない所得控除がある人(例:年間の医療費が10万円を超えた)

⑥収入が2000万円を超えている人

※上記以外の条件もあります。詳しくは国税庁のホームページでご確認下さい。

 

可能性が高いのは、①~⑤だと思いますので、

自分に該当する項がないか、確認してみてください。

 

②のようにWワークをしている方は、

メインで働いている企業で年末調整をしてくれていたとしても、

それ以外の会社の給与が年間20万円を超えていた場合は、

確定申告をする必要がありますので、注意してください。

 

また、年末調整をしてくれる派遣会社であっても、

11月末までに雇用契約を結んだスタッフのみ年末調整を行うケースも多くあります。

12月に契約し12月分の給与が支払われていても、

自分で確定申告をしないといけない可能性もありますので、

その点にも注意が必要です。不明な場合は、所属の会社に問い合わせてみてください。

 

確定申告の方法

まず、確定申告をするためには、必要書類への記入が必要です。

最寄りの税務署で書類はもらえますが、

現在は、国税庁のホームページ上で確定申告書等を作成することができます。

 

自分で用紙に記入するとなると、計算をしたりと意外と面倒なので、

ネット環境があれば、

国税庁のページで入力して作成するのが簡単なのでオススメです。

 

また、最寄りの税務署でも申告の相談を受け付けていますし、

場所によっては、署外に相談会場が設置されている場合もあります。

一人で作業するのが不安な場合は、足を運んでみてください。

 

2018年の確定申告の手続き期間は、

2018年2月16日(金)~3月15日(木)です。

 

必要な準備物

確定申告をする際は、以下の用意が必要です。

 

・申告書

給与所得者の場合は、基本は「確定申告書A」を使用。

 

・源泉徴収票

1年の間に複数の派遣会社から就業していた場合は、それぞれの会社の物が必要です。

手元にない場合は、派遣会社に問い合わせれば、すぐに送ってもらえます。

 

・各種控除の為の申告書

個人的に生命保険等に加入し、保険料を支払っている場合には、

「生命保険控除証明書」が保険会社から送られてきます。

納めた保険料の額に応じて、所得の控除を受けることができます。

※所属の会社で年末調整をしてもらえる方で、生命保険等に加入している場合は、

控除証明書を会社の担当部署に提出してください。

 

・印鑑

・住民票

・通帳(還付される税金を受け取るため)

 

詳しくは、国税庁のページで確認できます。

 

提出方法

申告書が完成したら、管轄の税務署に提出が必要です。

 

提出方法は、

・郵送

・持参

・e-tax(電子申告)

のいずれかです。

 

郵送の場合は、「信書」にあたりますので、

郵便物(第一郵便物)もしくは、信書郵便として送付してください。

※ゆうパック等では送れません。

 

e-tax(電子申告)とは、

申告など国税に関する手続きを、

インターネットを利用して電子的におこなえるシステムのことです。

詳しい利用方法は、e-taxのページを参照してください。

e-taxサイト:http://www.e-tax.nta.go.jp/

 

 

納税は国民の義務ですし、

場合によっては、払いすぎた税金が戻ってくる可能性もあります。

該当する方は、忘れずに確定申告を行うようにしましょう。

 

下のランキングも合わせて、ご参考になれば幸いです。
  1. ヒューマンリソシア

    banner_b_300_250
    おすすめ度 5.0
    仕事の多さ 4.5
    フォロー体制 4.5
    設立:
    1988年
    登録スタッフ数:
    約37万人

    →福利厚生が充実の派遣会社!
    元々、通信講座等の「教育サービス」が主力だった派遣会社です。

    派遣で就業すると、
    福利厚生として様々な資格取得の講座を割引で受けられます。
    数と質は他社より優れています。

    事務系のお仕事案件を
    メインとしていますので、
    デスクワークをしながら
    PCの資格を取得したい!

    資格を取って自分をレベルアップさせたい!
    という方にはメリットのある企業です。

    また、親身なスタッフ対応が
    この派遣会社の大きな強みとなっています。
    未経験から事務の仕事に就きたい方には、
    大手派遣会社よりオススメです。

    口コミのレビュー

    ここで働きながら、ファイナンシャルプランナーの資格を取得できました。営業さんがずっと応援してくれて、心強かったです。(20代女性)

    PCがあまり得意ではないため、他では全くと言っていいほど紹介されませんでしたが、担当さんが頑張ってくれて、ここでは職に就くことができました。(40代女性)

     

    ヒューマンリソシアのWebサイトへ

  2. リクルートスタッフィング

    300_250
    おすすめ度 5.0
    仕事の多さ 5.0
    フォロー体制 4.0
    設立:
    1987年
    登録スタッフ数:
    約90万人

    →業界最王手の派遣会社。

    一般的にも広く名の知れた企業であり、
    求人の質・量ともに国内最高と言えます。

    中でも、誰もがあこがれる超大手企業や、
    人気企業などのお仕事が豊富なのが魅力です。

    巨大なリクルートグループの強みを活かした
    他社よりもワンランク上の福利厚生
    スキルアップ制度など多彩なフォロー体制で
    はたらくスタッフの後ろを
    しっかりとサポートしてくれます。

    口コミのレビュー

    仕事の量が多くて、自分が選べる環境に驚いた!(30代女性)

    毎月しっかり状況確認のフォローをしてくれることに満足しています。(40代男性)

    時給を交渉しなくても、自然に上げてくれる派遣会社。(20代女性)

    なぜか、似たような求人でも他社より時給が高い。(30代女性)

    自己都合で退職したときでも、紹介が途切れず安心できた。(30代男性)

     
  3. インテリジェンス

    300_250
    おすすめ度 4.5
    仕事の多さ 4.0
    フォロー体制 4.5
    設立:
    1989年
    登録スタッフ数:
    非公開
    →「はたらくを楽しもう」をテーマに掲げ、
    転職支援サイト「DODA」や求人情報サイト「an」を運営する派遣会社。

    正社員転職に強みがあり、
    派遣での就業から正社員への
    ステップアップ実績も多数。

    業界内では洗練されているイメージがあり、
    非常に人気があります。

    派遣会社といえば、
    ほぼ全ての会社で
    訪問しての登録面談が必須ですが、
    インテリジェンスはWEBのみで
    派遣登録を完結させることが出来ます。

    来社不要の「オンライン登録」が
    時間短縮の面でも効率的です。
    口コミのレビュー
    若い社員が多いですが、皆さん親身に話を聞いてくれ、問題の解決に向けて一生懸命動いてくれて助かった。(30代女性)

    社員の質が他社よりも高いと思います。問題解決のスピードも速く、何に対してもレスポンスが良かった。(20代男性)

    営業担当の距離感のとり方が上手だった。派遣先からも好評価で、なんだか私も誇らしく思えた。(20代女性)

    インテリジェンスのWebサイトへ

  4. テンプスタッフ

    250_250gif
    おすすめ度 4.0
    仕事の多さ 3.5
    フォロー体制 3.0
    設立:
    1973年
    登録スタッフ数:
    国内約100万人
    →業界の老舗、女性を応援する派遣会社!
    比較的歴史の浅い派遣業界ですが、
    テンプスタッフはその先駆けとして、
    多くのノウハウが蓄積されています。

    社員教育もしっかりしており、
    トラブル対応力の高い営業が
    多く在籍しています。

    「今後もこの派遣会社の
    スタッフとして仕事がしたい」
    と賞賛されてる会社として
    評価されていて信頼できます。

    特に、働くママへのフォロー体制の充実度は
    派遣業界NO,1と言えます。

    子育てのために
    仕事のブランクがある人を対象にした
    「復職支援」が人気で、
    心構えからブランク解消のための
    実技研修など充実の内容です。
    女性には特に登録をお勧めしたい会社です。

     
    口コミのレビュー
    営業、仕事内容、時給。どれも相対的にレベルが高いです。(30代男性)

    数少ないママの味方になってくれる派遣会社!(30代女性)

    内部連携がしっかり取れている印象。社内のスタッフはみんないい人。(40代女性)

     

    テンプスタッフのWebサイトへ

  5. マンパワー

    normal_300_250
    おすすめ度 4.0
    仕事の多さ 3.0
    フォロー体制 4.0
    設立:
    1966年
    登録スタッフ数:
    約48万人
    日本で一番最初に
    派遣ビジネスをはじめた会社!
    マンパワーは、世界80カ国で
    事業展開するグローバルな派遣会社です。

    過去、派遣スタッフ満足度調査で
    「仕事紹介までのスピード(待機)の満足度」
    他5部門で第1位を獲得。

    外資系らしく、
    そのスピード感には定評があります。

    また、派遣だけの紹介にとどまらず、
    紹介予定派遣
    (最長6ヶ月の派遣就業後に直雇用の可能性)
    に代表される、直接雇用のシェアが
    多いのも魅力のひとつです。
    口コミのレビュー
    仕事決定までがとにかく早い。登録して即、就職できた。(30代男性)

    営業は過度なフォローをしないが、頼みごとに対するレスポンスが早くて助かっていた。(30代男性)

    基本、派遣先は優良企業ばかり。紹介される身としては安心して仕事先を選べました。(20代女性)

    仕事探しには
    マンパワーの運営するお仕事紹介サイト「JOBnet」を利用しましょう。 全国のマンパワーグループの求人を、
    たくさんの「こだわり条件」から
    お仕事詳細まで確認することができます。

    希望の仕事が見つかれば、
    マイページ登録をすることで
    実際に紹介が受けられます。

    マンパワーの「JOBnetへ」