今まさに退職するかどうか迷っている方は、

「辞めたい理由をどう伝えよう…」

と悩んでいるかもしれません。

 

言い方やタイミング次第では、派遣会社と揉める可能性もあるので、

どう伝えるかは、注意が必要です。

 

ここでは、

私が派遣会社で働いていた際に実際に聞いた退職理由と、

円満に退職するためのポイントをご紹介します。

嘘の退職理由は派遣会社にバレる?

私が派遣会社に入社したての頃は、

派遣スタッフの退職理由の真偽は全く分かりませんでした。

 

そして、それが嘘だったと知る度に、

人間不信になりそうでした。

 

しかし、良くも悪くも、

何年も働いていると、そんな環境にも慣れて、

だいたい、その退職理由が嘘か本当かは見分けがつくようになります。

 

ですが、本当かどうかということは、

実際は、さほど重要ではありません。

 

何百人という派遣スタッフがいると、

“退職” という言葉は頻繁に耳にします。

 

「退職したい」という申し出があったら、

派遣会社側としては、

その退職理由が本当かどうかということよりも、

 

“辞めさせない方法はないか”

“辞める場合は、いかに派遣先に迷惑をかけないように辞めてもらうか”

 

ということを真っ先に考えます。

 

嘘?本当?私が聞いた退職理由ベスト3

退職理由は十人十色…

「よくそんな理由思いついたな」

と思うような突拍子もないものもありましたが、

多かった理由ベスト3をご紹介します。

 

第1位 自分の体調不良

一番多かったのは、

自分自身の体調不良です。

 

「急性胃炎になって、しばらく安静と言われたのでもう行けません」

「仕事が嫌で、行こうとしても体が動かず起き上がれません」

「元々持病があって、再発しました」

「通院している精神科の先生から働かない方がいいと言われました」

 

・・・・・

挙げればキリがないほど、

色々な体調不良を理由に、退職希望が出ました。

 

もちろん、それが事実で、

実際にお見舞いに行ったりしたこともありますし、

反対に、

「持病が再発して入院するから、しばらく働けないので辞める」

と言い残して音信不通になったスタッフが、

数日後に元気に買い物していたのを目撃し、嘘が発覚したたこともあります。

 

体調不良を理由に退職を希望した場合は、

派遣会社側から、

診断書の提出を求められることもあります。

強制力はありませんが、

しつこく提示を求められたり、

どこの病院に行っているのか、服薬しているのか等、

細かく説明を求められるケースもあり得ますので、

偽ってそう伝える場合は注意が必要です。

 

第2位 身内の体調不良

二番目に多いのが、

身内の体調不良です。

 

「祖母の介護を家族でローテーションで行うことになった」

「母(父)が倒れて、週3で病院に連れていかなくてはいけなくなった」

 

泣きながら上記のような症状を訴えてきて、

心底心配した経験もありますし、

少し突っ込んだ質問をすると、

予想していない内容だったのか、

しどろもどろになって、疑わざるを得ない人もいました。

 

第3位 職場に対する不満

三番目は、

職場に対する不満です。

 

「仕事内容が事前に聞いていたものと違う」

「仕事が思ったより難しく、今の時給だと割に合わない」

「職場の人に嫌味を言われる」

 

等、職場の不満と一口に言っても、

業務内容・給与・人間関係など様々な不満から、

退職を希望するケースがありました。

 

ただし、

このような理由を伝えると、

 

「時給を少し上げるから、もう少し頑張って」

「部署を変えられないか派遣先に相談してみるから考え直して」

 

と、派遣元の担当者から代替案を提示され、

退職を止められることは確実です。

円満に退職するために

退職する作業は、

あなた・派遣先・派遣元の全員に何かしらの負担がかかります。

 

あなたは、「退職したい」と伝えるのに勇気が必要になるし、

引継ぎをしたり、転職先を探したりと忙しくなります。

 

派遣先は、あなたの後任が来るまでは、あなたが担当していた仕事を、

自社の社員に振り当てないといけないので、業務効率が下がります。

 

派遣元は、派遣先に謝罪したり、後任を探すために求人を出したりと、

時間もお金も費やすことになります。

 

このように、“退職する”ということは、

多少なりとも周りに迷惑が掛かっているのですから、

独りよがりに辞めようとせずに、

極力、円満にことが運ぶように心がけてほしいと思います。

 

退職は1か月前には申告する

絶対に守ってほしいのが、

 

退職希望は早めに伝える”

 

という点です。

 

「退職したいです。明日から行きません」

 

こんなことを言われようものなら、

派遣先も派遣会社も大迷惑します。

 

派遣先は、

あなたの業務の穴埋めを他の社員が急遽することになります。

 

派遣会社は、後任を探すのに労力がいるだけでなく、

派遣先企業から、

 

「あの派遣会社のスタッフは急に来なくなる」

 

という負のレッテルを貼られ、

派遣先との契約が打ち切られてしまうかもしれません。

 

何カ月、何年もかけて築いてきた企業間の関係が、

身勝手な辞め方をした1人のために、

全て失われるという事態になりかねないのです。

これは、派遣会社にとって、かなりのダメージです。

 

社会人として良識のある人なら、

こんな辞め方はしないと思いたいのですが、

実際のところ、

「辞めたい」と言って急に行かなくなる人は割と多くいます。

 

もちろん辞めたくなる時期は様々だと思いますが、

悩んだ時点で、まずは派遣元の担当者に相談しましょう。

そして退職するという結論に至った場合には、

 

・後任が見つかり次第辞める

・現在の派遣期間中は働く

 

など、自分の希望を通すだけでなく、

譲歩する気持ちを持ちましょう。

 

そうすると、

その派遣会社とも今後付き合っていくことができ、

希望にあった別の会社を紹介してくれるかもしれません。

 

反対に、我を通して、

自分の希望した時期に勝手に辞めてしまった場合、

その派遣会社から次の仕事の紹介が来ることはないと思った方がいいでしょう。

 

退職理由で嘘をつくなら、やむを得ない理由にする

明確な退職理由がある場合は、

はっきりとそれを伝えて構いませんが、

 

「何となく辞めたい」

「今の仕事が面倒になった」

 

というのが本音の時もあると思います。

ですが、それをそのまま伝えるわけにもいきませんので、

必然的に嘘の退職理由を伝えることになります。

(個人的には、こういう理由で辞めるのはおススメできませんが・・)

 

その場合は、

 

「〇〇の資格を取得するため学校に通うことにした」

「地元の人と結婚することにしたので引っ越す」

「精神的な病気を発症し、しばらく通院することにした」

(身体的な病気だと、「じゃあ休業して復帰すれば?」という提案をされるから)

 

というような、

やむを得ない自分自身の理由を伝えるのがベターです。

 

派遣先に伝える退職理由は、派遣元担当者とすり合わせをする

様々な退職理由がある中で、

 

・他の企業への派遣が決まったので辞める

・社内の上司が嫌いで辞める

 

など、派遣先企業に対して、

それを正直に伝えられない場合もあります。

 

あなたの退職の意志は、

派遣会社→派遣先企業へと伝えられますが、

同じ社内にいる以上、派遣先企業の社員から、

「なんで辞めちゃうの?」と理由を聞かれる場合もあります。

 

「〇〇課長が苦手なんで辞めます」

等とは、口が裂けても言ってはいけませんので、

そんな時に備えて、派遣会社の担当者と、

どういう退職理由にするか、

事前に口裏を合わせておくようにしてください

適当な理由を担当者が考えてくれるはずです。

 

まとめ

退職する場合は、

その理由の真偽よりも、辞め方の方が重要です。

辞めるかどうかは、個人の自由ですが、

円満に退職できるように、周りに配慮する気持ちを持ちましょう。

 

下のランキングも合わせて、ご参考になれば幸いです。
  1. ヒューマンリソシア

    banner_b_300_250
    おすすめ度 5.0
    仕事の多さ 4.5
    フォロー体制 4.5
    設立:
    1988年
    登録スタッフ数:
    約37万人

    →福利厚生が充実の派遣会社!
    元々、通信講座等の「教育サービス」が主力だった派遣会社です。

    派遣で就業すると、
    福利厚生として様々な資格取得の講座を割引で受けられます。
    数と質は他社より優れています。

    事務系のお仕事案件を
    メインとしていますので、
    デスクワークをしながら
    PCの資格を取得したい!

    資格を取って自分をレベルアップさせたい!
    という方にはメリットのある企業です。

    また、親身なスタッフ対応が
    この派遣会社の大きな強みとなっています。
    未経験から事務の仕事に就きたい方には、
    大手派遣会社よりオススメです。

    口コミのレビュー

    ここで働きながら、ファイナンシャルプランナーの資格を取得できました。営業さんがずっと応援してくれて、心強かったです。(20代女性)

    PCがあまり得意ではないため、他では全くと言っていいほど紹介されませんでしたが、担当さんが頑張ってくれて、ここでは職に就くことができました。(40代女性)

     

    ヒューマンリソシアのWebサイトへ

  2. リクルートスタッフィング

    300_250
    おすすめ度 5.0
    仕事の多さ 5.0
    フォロー体制 4.0
    設立:
    1987年
    登録スタッフ数:
    約90万人

    →業界最王手の派遣会社。

    一般的にも広く名の知れた企業であり、
    求人の質・量ともに国内最高と言えます。

    中でも、誰もがあこがれる超大手企業や、
    人気企業などのお仕事が豊富なのが魅力です。

    巨大なリクルートグループの強みを活かした
    他社よりもワンランク上の福利厚生
    スキルアップ制度など多彩なフォロー体制で
    はたらくスタッフの後ろを
    しっかりとサポートしてくれます。

    口コミのレビュー

    仕事の量が多くて、自分が選べる環境に驚いた!(30代女性)

    毎月しっかり状況確認のフォローをしてくれることに満足しています。(40代男性)

    時給を交渉しなくても、自然に上げてくれる派遣会社。(20代女性)

    なぜか、似たような求人でも他社より時給が高い。(30代女性)

    自己都合で退職したときでも、紹介が途切れず安心できた。(30代男性)

     
  3. インテリジェンス

    300_250
    おすすめ度 4.5
    仕事の多さ 4.0
    フォロー体制 4.5
    設立:
    1989年
    登録スタッフ数:
    非公開
    →「はたらくを楽しもう」をテーマに掲げ、
    転職支援サイト「DODA」や求人情報サイト「an」を運営する派遣会社。

    正社員転職に強みがあり、
    派遣での就業から正社員への
    ステップアップ実績も多数。

    業界内では洗練されているイメージがあり、
    非常に人気があります。

    派遣会社といえば、
    ほぼ全ての会社で
    訪問しての登録面談が必須ですが、
    インテリジェンスはWEBのみで
    派遣登録を完結させることが出来ます。

    来社不要の「オンライン登録」が
    時間短縮の面でも効率的です。
    口コミのレビュー
    若い社員が多いですが、皆さん親身に話を聞いてくれ、問題の解決に向けて一生懸命動いてくれて助かった。(30代女性)

    社員の質が他社よりも高いと思います。問題解決のスピードも速く、何に対してもレスポンスが良かった。(20代男性)

    営業担当の距離感のとり方が上手だった。派遣先からも好評価で、なんだか私も誇らしく思えた。(20代女性)

    インテリジェンスのWebサイトへ

  4. テンプスタッフ

    250_250gif
    おすすめ度 4.0
    仕事の多さ 3.5
    フォロー体制 3.0
    設立:
    1973年
    登録スタッフ数:
    国内約100万人
    →業界の老舗、女性を応援する派遣会社!
    比較的歴史の浅い派遣業界ですが、
    テンプスタッフはその先駆けとして、
    多くのノウハウが蓄積されています。

    社員教育もしっかりしており、
    トラブル対応力の高い営業が
    多く在籍しています。

    「今後もこの派遣会社の
    スタッフとして仕事がしたい」
    と賞賛されてる会社として
    評価されていて信頼できます。

    特に、働くママへのフォロー体制の充実度は
    派遣業界NO,1と言えます。

    子育てのために
    仕事のブランクがある人を対象にした
    「復職支援」が人気で、
    心構えからブランク解消のための
    実技研修など充実の内容です。
    女性には特に登録をお勧めしたい会社です。

     
    口コミのレビュー
    営業、仕事内容、時給。どれも相対的にレベルが高いです。(30代男性)

    数少ないママの味方になってくれる派遣会社!(30代女性)

    内部連携がしっかり取れている印象。社内のスタッフはみんないい人。(40代女性)

     

    テンプスタッフのWebサイトへ

  5. マンパワー

    normal_300_250
    おすすめ度 4.0
    仕事の多さ 3.0
    フォロー体制 4.0
    設立:
    1966年
    登録スタッフ数:
    約48万人
    日本で一番最初に
    派遣ビジネスをはじめた会社!
    マンパワーは、世界80カ国で
    事業展開するグローバルな派遣会社です。

    過去、派遣スタッフ満足度調査で
    「仕事紹介までのスピード(待機)の満足度」
    他5部門で第1位を獲得。

    外資系らしく、
    そのスピード感には定評があります。

    また、派遣だけの紹介にとどまらず、
    紹介予定派遣
    (最長6ヶ月の派遣就業後に直雇用の可能性)
    に代表される、直接雇用のシェアが
    多いのも魅力のひとつです。
    口コミのレビュー
    仕事決定までがとにかく早い。登録して即、就職できた。(30代男性)

    営業は過度なフォローをしないが、頼みごとに対するレスポンスが早くて助かっていた。(30代男性)

    基本、派遣先は優良企業ばかり。紹介される身としては安心して仕事先を選べました。(20代女性)

    仕事探しには
    マンパワーの運営するお仕事紹介サイト「JOBnet」を利用しましょう。 全国のマンパワーグループの求人を、
    たくさんの「こだわり条件」から
    お仕事詳細まで確認することができます。

    希望の仕事が見つかれば、
    マイページ登録をすることで
    実際に紹介が受けられます。

    マンパワーの「JOBnetへ」