“職場の飲み会”

この好き嫌いはハッキリ分かれます。

「飲酒大好き!とにかく飲み会の場が好き!」

「お酒は飲めないけど、雰囲気が好き!」

という肯定派もいれば、

「飲酒は好きだけど、職場の人とは飲みたくない」

という否定的な方もいると思います。

 

行きたくないのに誘われる…

そんな職場の飲み会の対処法についてご紹介します。

 

そもそも職場の飲み会には行くべきか?

私の個人的な意見としては、予定も体調も問題ないなら、

たまにでもいいから、行った方がいいと思います。

 

“飲みニケーション” という造語があるように、

社外での付き合いから生まれる関係というのは必ずあります。

お酒の力を借りて、普段言えないことを言ったり、相談したり…

飲んだ翌日は何となく相手との距離が近くなったり…。

 

ただ、かく言う私も、元々は職場の飲み会は大嫌いでした。

 

私が以前勤めていた会社は、歓送迎会・忘年会・新年会等の会社に付き物の行事に加えて、

創立記念パーティーやら、課の飲み会、部の飲み会、直属の上司からのお誘い、

なんだかよく分からない打ち上げ等、

かなりの頻度で飲み会があり、会社主催の飲み会行事は強制参加でした。

タバコ臭いし、お酌はしないといけないし、

上司のどうでもいい話を延々聞かされる…

新入社員の頃は本当に嫌で、

日々のサービス残業よりつらかった思い出があります。

 

なので、強制参加の飲み会以外は、何かと理由をつけて断り続けていると、

しばらくすると誘われなくなりました。

“飲み会に行かないキャラ”を確立したのです。

 

ですが、「誘われなくなってよかったなーと」思う反面、

ふと周りを見ると、昨晩の飲み会の話題で盛り上がっていたりと、

ちょっとした疎外感を感じるようになりました。

 

「行きたくないけど、いざ誘われなくなると寂しい」

 

そんな風に思うようになったのを機に、

誘われた飲み会には行くようにしました。

 

すると、久しぶりに行ってみると意外と楽しかったり、

何となく苦手だった先輩も、実はすごくいい人だったという素敵な発見ができたりと、

プラスの要素が多かったので、

その後は積極的に参加するようになりました。

 

派遣で入社しても歓送迎会はあるのか?

派遣社員に対して、歓送迎会を開いてくれる企業は、そう多くはありません。

特に、短期契約の場合や、時短勤務の場合の開催は少ないでしょう。

 

ですが、もしも歓送迎会のお誘いがあったら、

「歓迎されているんだ」

と前向きに捉えるか、

「これも仕事」

と割り切って、

行ってみても良いのではないでしょうか。

社員さんとの距離は確実に縮まると思いますし、

それによって次の日から話しかけやすくなったりと、

嬉しい変化があると思います。

 

それでもやっぱり飲み会には行きたくない!そんな時は?

 

そんなこと言われたって絶対に飲み会には行きたくない!」

そう思う方もいらっしゃると思いますので、

私になりに考える飲み会の断り方をご紹介します。

 

まず、一番手っ取り早いのは、契約前に派遣元の担当者に、

「私は飲み会には絶対行きたくありません!」と伝え、

事前に、その旨を、やんわり派遣先にも伝えておいてもらう方法です。

多少の嘘は入ると思いますが、派遣元の担当者もプロなので、

何かと理由をつけて、上手いこと伝えてくれるはずです。

 

ただ、担当者が頼りなく、自分で断るしかない場合もあると思いますので、

断り方の例文をご紹介します。

 

①家庭がある場合

・「今日は、旦那/妻の体調が悪いので」

・「義母が泊まりに来ていて」

・「子供の預け先がないので」

など、身内をフル活用して断りましょう。

 

②独身の場合(実家暮らし)

・「母/父の具合が悪いので」

・「家族の食事は私が作ることになっているので帰らないといけない」

独身でも実家暮らしの場合は、①同様、身内を理由に断ることができます。

 

③独身の場合(一人暮らし)

・「今日は先約がありまして」

※「友達の約束なら断れば」という傲慢上司もいるかもしれないので、

もしも相手を聞かれたら、「大学の恩師を囲む会」「恋人の家族と初めて食事をする」

等と答えましょう。

これを聞いても「来い!」という上司はさすがにいないと思います。

 

・「母/父が田舎から出てきていて、家で待ってるので」

・「今日は体調が悪くて」

 

※体調不良を理由にすると、翌日やたら心配されたり、

いちいち症状を聞かれたりするかもしれないので、

ある程度、自分なりの回答は用意しておきましょう。

 

・「お酒も飲めないし、タバコのニオイが苦手なので、飲み会の場は遠慮したい」

※これは、「今度飲み会するけど、いつなら空いてる?」

という先約を入れられそうになった場合にも有効です。

 

 

これらを繰り返していると、「飲み会に行かないキャラ」が確立され、

徐々に誘われなくなると思います。

 

また、個人的に同じ人が何度も誘ってくる等、何かしらの下心を感じる場合は、

派遣元の担当者に相談してください。

担当者経由で、派遣先に注意を促すことができます。

 

 

 

断る上での注意点

飲み会に行くかどうかの判断は個人の自由ですが、

断る上で忘れてはいけないのは、

「せっかくのお誘いなのですが」や、「申し訳ないんですが」

というクッション言葉をつけることです。

 

軽い誘いでも、断られる方は多少は嫌な気持ちになりますので、

せめてもの礼儀として、丁寧に断ってください。

 

また、たまに、「私は派遣社員なので」と言って断る人がいますが、

“派遣社員である” ということは断る理由になりません。

誘ってくれている時点で、その人は雇用形態で誘う相手を選別していないからです。

断るときは、上記に挙げた例文のような理由がベストです。

 

 

まとめ

飲み会は無理していく必要はありませんので、自己判断で断りましょう。

その分、社内でのコミュニケーションは積極的に取るようにしましょう。

社内でも不愛想にしていると、ただの「付き合いの悪い奴」になってしまいます。

 

また、飲み会は行く相手によってもかなり雰囲気が変わります。

「以前の職場の飲み会は嫌だったから、次の職場でも行くのはやめよう」と、

食わず嫌いにならず、職場が変わったら、試しに一度行ってみるのもお勧めです。

 

職場が変われば、楽しい飲み会が待っているかもしれませんよ。

 

下のランキングも合わせて、ご参考になれば幸いです。
  1. ヒューマンリソシア

    banner_b_300_250
    おすすめ度 5.0
    仕事の多さ 4.5
    フォロー体制 4.5
    設立:
    1988年
    登録スタッフ数:
    約37万人

    →福利厚生が充実の派遣会社!
    元々、通信講座等の「教育サービス」が主力だった派遣会社です。

    派遣で就業すると、
    福利厚生として様々な資格取得の講座を割引で受けられます。
    数と質は他社より優れています。

    事務系のお仕事案件を
    メインとしていますので、
    デスクワークをしながら
    PCの資格を取得したい!

    資格を取って自分をレベルアップさせたい!
    という方にはメリットのある企業です。

    また、親身なスタッフ対応が
    この派遣会社の大きな強みとなっています。
    未経験から事務の仕事に就きたい方には、
    大手派遣会社よりオススメです。

    口コミのレビュー

    ここで働きながら、ファイナンシャルプランナーの資格を取得できました。営業さんがずっと応援してくれて、心強かったです。(20代女性)

    PCがあまり得意ではないため、他では全くと言っていいほど紹介されませんでしたが、担当さんが頑張ってくれて、ここでは職に就くことができました。(40代女性)

     

    ヒューマンリソシアのWebサイトへ

  2. リクルートスタッフィング

    300_250
    おすすめ度 5.0
    仕事の多さ 5.0
    フォロー体制 4.0
    設立:
    1987年
    登録スタッフ数:
    約90万人

    →業界最王手の派遣会社。

    一般的にも広く名の知れた企業であり、
    求人の質・量ともに国内最高と言えます。

    中でも、誰もがあこがれる超大手企業や、
    人気企業などのお仕事が豊富なのが魅力です。

    巨大なリクルートグループの強みを活かした
    他社よりもワンランク上の福利厚生
    スキルアップ制度など多彩なフォロー体制で
    はたらくスタッフの後ろを
    しっかりとサポートしてくれます。

    口コミのレビュー

    仕事の量が多くて、自分が選べる環境に驚いた!(30代女性)

    毎月しっかり状況確認のフォローをしてくれることに満足しています。(40代男性)

    時給を交渉しなくても、自然に上げてくれる派遣会社。(20代女性)

    なぜか、似たような求人でも他社より時給が高い。(30代女性)

    自己都合で退職したときでも、紹介が途切れず安心できた。(30代男性)

     
  3. インテリジェンス

    300_250
    おすすめ度 4.5
    仕事の多さ 4.0
    フォロー体制 4.5
    設立:
    1989年
    登録スタッフ数:
    非公開
    →「はたらくを楽しもう」をテーマに掲げ、
    転職支援サイト「DODA」や求人情報サイト「an」を運営する派遣会社。

    正社員転職に強みがあり、
    派遣での就業から正社員への
    ステップアップ実績も多数。

    業界内では洗練されているイメージがあり、
    非常に人気があります。

    派遣会社といえば、
    ほぼ全ての会社で
    訪問しての登録面談が必須ですが、
    インテリジェンスはWEBのみで
    派遣登録を完結させることが出来ます。

    来社不要の「オンライン登録」が
    時間短縮の面でも効率的です。
    口コミのレビュー
    若い社員が多いですが、皆さん親身に話を聞いてくれ、問題の解決に向けて一生懸命動いてくれて助かった。(30代女性)

    社員の質が他社よりも高いと思います。問題解決のスピードも速く、何に対してもレスポンスが良かった。(20代男性)

    営業担当の距離感のとり方が上手だった。派遣先からも好評価で、なんだか私も誇らしく思えた。(20代女性)

    インテリジェンスのWebサイトへ

  4. テンプスタッフ

    250_250gif
    おすすめ度 4.0
    仕事の多さ 3.5
    フォロー体制 3.0
    設立:
    1973年
    登録スタッフ数:
    国内約100万人
    →業界の老舗、女性を応援する派遣会社!
    比較的歴史の浅い派遣業界ですが、
    テンプスタッフはその先駆けとして、
    多くのノウハウが蓄積されています。

    社員教育もしっかりしており、
    トラブル対応力の高い営業が
    多く在籍しています。

    「今後もこの派遣会社の
    スタッフとして仕事がしたい」
    と賞賛されてる会社として
    評価されていて信頼できます。

    特に、働くママへのフォロー体制の充実度は
    派遣業界NO,1と言えます。

    子育てのために
    仕事のブランクがある人を対象にした
    「復職支援」が人気で、
    心構えからブランク解消のための
    実技研修など充実の内容です。
    女性には特に登録をお勧めしたい会社です。

     
    口コミのレビュー
    営業、仕事内容、時給。どれも相対的にレベルが高いです。(30代男性)

    数少ないママの味方になってくれる派遣会社!(30代女性)

    内部連携がしっかり取れている印象。社内のスタッフはみんないい人。(40代女性)

     

    テンプスタッフのWebサイトへ

  5. マンパワー

    normal_300_250
    おすすめ度 4.0
    仕事の多さ 3.0
    フォロー体制 4.0
    設立:
    1966年
    登録スタッフ数:
    約48万人
    日本で一番最初に
    派遣ビジネスをはじめた会社!
    マンパワーは、世界80カ国で
    事業展開するグローバルな派遣会社です。

    過去、派遣スタッフ満足度調査で
    「仕事紹介までのスピード(待機)の満足度」
    他5部門で第1位を獲得。

    外資系らしく、
    そのスピード感には定評があります。

    また、派遣だけの紹介にとどまらず、
    紹介予定派遣
    (最長6ヶ月の派遣就業後に直雇用の可能性)
    に代表される、直接雇用のシェアが
    多いのも魅力のひとつです。
    口コミのレビュー
    仕事決定までがとにかく早い。登録して即、就職できた。(30代男性)

    営業は過度なフォローをしないが、頼みごとに対するレスポンスが早くて助かっていた。(30代男性)

    基本、派遣先は優良企業ばかり。紹介される身としては安心して仕事先を選べました。(20代女性)

    仕事探しには
    マンパワーの運営するお仕事紹介サイト「JOBnet」を利用しましょう。 全国のマンパワーグループの求人を、
    たくさんの「こだわり条件」から
    お仕事詳細まで確認することができます。

    希望の仕事が見つかれば、
    マイページ登録をすることで
    実際に紹介が受けられます。

    マンパワーの「JOBnetへ」