派遣社員は派遣先企業に雇われているわけではないので、

その会社の一員とは言えませんが、その会社に派遣される以上は、

その会社のルールを守り、その会社の環境に馴染みながら働くことが求められます。

 

ですが、派遣社員は正社員とは違い、研修というものがほとんどないので、

その会社のルールや慣習まで、手取り足取り教えてもらえるわけではありません。

どのようにすれば、派遣社員としてうまく働いていけるのでしょうか。

 

ここでは、私の失敗した例・成功した例をもとに、

派遣社員として私がいつも心がけていることをご紹介したいと思います。

 

失敗した例

商社で海外営業事務の仕事を始めて間もない頃の話です。

 

海外に商品の返品処理をする際に、AWBという送り状が必要になるのですが、

その送り状を作るのは初めてだったので、正社員のAさんと一緒に作成することになりました。

AWBには、送料と関税が送り主負担なのか、受取人負担なのかを記載する場所があります。

以下はその記載に関するやりとりです。

 

Aさん:送料と関税の負担はどうする?

私:営業のCさんが料金は全てこちら持ちだと言っていたので、

両方送り主負担でよいのではないでしょうか。

Aさん:でもこの貿易条件の場合、

普通は送料は送り主負担で関税は受取人負担だけどね?

私:あ、でもこちら持ちのようだったので、両方で良いと思うのですが。

Aさん:じゃあ両方とも送り主負担にしていいのね?

私:あ、はい。

 

結論から言うと、送料は送り主負担ですが、関税は受取人負担だったのです。

 

これが誤った処理であったことが発覚した際に、営業のCさんに確認したところ、

「あぁそうだね、俺が言ったのは送料がこちら負担、ということ」

とサラっと言われてしまいました。

 

正社員も一緒にいた時のミスということで、私にはお咎めがありませんでしたが、

こののち受取人からの返金に手こずることになり、

あの時念押しで確認しておけば、、、といつまでも悔やまれました。

これは今でも苦い思い出です。

 

 

成功した例

私が進学塾でOA事務の仕事をしていた時の話です。

 

正社員のAさんが産休に入ることになり、それからの1年間は、

Aさんの仕事を私と正社員のBさんが半分ずつ分担することになりました。

ですが、Bさんは自分の仕事量が変わらない状態でAさんの仕事を引き継いだ上、

まともな引継ぎをAさんから受けていなかったので、

Aさんがいなくなった直後はてんてこ舞い状態でした。

 

私はAさんが産休に入る前に何度もAさんと仕事をする機会があったため、

いつBさんが何をすべきなのかを何となく分かっていました。

 

そこで、Aさんが以前社内に展開していたメールをコピーして、

「たぶん今これをやる時期だと思うんですけど、

この添付ファイル作っておきましょうか」と聞いてみたり、

Bさんが残業ばかりの時は、

「明日時間が作れそうなので、教材の発送全部やっておきますね」など、

Bさんをサポートするよう努めていました。

 

その結果、Aさんが産休まで戻ってくるまでの約1年間、

なんとか2人で仕事を回すことができ、

「○○さん(私の名前)がいてくれて本当によかったです」と、

誕生日に私の好きな日本酒をプレゼントしてくださいました。

 

さて、以下が私が心がけているポイントの3点です。

 

1.独断で行動しない

業務の中で判断に迷った時やイレギュラーなことが発生した時は、

些細なことでも、上司あるいは業務に詳しい社員に確認を取ることが望ましいです。

「前の会社ではこうだったから、これで大丈夫かな」などと一人で決めてしまうと、

間違った判断を下してしまう可能性が高いです。

 

なぜなら、会社にとっての‛当たり前’は企業によって異なるからです。

 

もし自分のミスによって派遣先企業に損失を与えてしまったら、

派遣先企業と派遣会社の双方に迷惑をかけることになります。

 

社員の方が忙しいと質問するのも憚られることがありますが、

きちんと確認を行うことで自分も気持ちよく働くことができます。

 

2.気遣い上手になる

派遣社員に求められる働き方は、

企業によって、またその企業の状況によって変化するものです。

 

「今どのように働くことが求められているのか」

「どのように動けば周囲の人がスムーズに仕事を進められるのか」

 

それを心がけるだけで、周囲の人にもそれが伝わり、

良い人間関係・職場環境を築くことに繋がります。

そうなれば、自分も働きやすいですよね。

 

自分にもできると思ったことは「私がやりましょうか」と買って出たり、

電話は率先して出ることにしたり、

小さなことから実践してみると良いと思います。

 

 

3.仕事はしっかり、気持ちはあっさり

派遣社員として働くならば、仕事のことは「適度に」済ませたい、

と考える方も少なくないのではないでしょうか。

 

そのためには、あまり会社に深入りし過ぎない、というのがポイントになると思います。

 

人間関係においては、少し控えめにして自分を出し過ぎない方が、

周囲とのコミュニケーションがうまくいきます。

周りからあまり良く思われていない社員がいたとしても、

悪口には加担しないで黙っていましょう。

仕事については、納得できないことがあったとしても、

派遣社員である以上、最終的には派遣先企業の方針に従わざるを得ません。

 

良くも悪くも、派遣社員はその会社の一員ではないのです。

 

自分の仕事はしっかりとこなしながら、

一歩引いた目で会社と付き合っていくことが賢明だと思います。

 

 

 

下のランキングも合わせて、ご参考になれば幸いです。
  1. ヒューマンリソシア

    banner_b_300_250
    おすすめ度 5.0
    仕事の多さ 4.5
    フォロー体制 4.5
    設立:
    1988年
    登録スタッフ数:
    約37万人

    →福利厚生が充実の派遣会社!
    元々、通信講座等の「教育サービス」が主力だった派遣会社です。

    派遣で就業すると、
    福利厚生として様々な資格取得の講座を割引で受けられます。
    数と質は他社より優れています。

    事務系のお仕事案件を
    メインとしていますので、
    デスクワークをしながら
    PCの資格を取得したい!

    資格を取って自分をレベルアップさせたい!
    という方にはメリットのある企業です。

    また、親身なスタッフ対応が
    この派遣会社の大きな強みとなっています。
    未経験から事務の仕事に就きたい方には、
    大手派遣会社よりオススメです。

    口コミのレビュー

    ここで働きながら、ファイナンシャルプランナーの資格を取得できました。営業さんがずっと応援してくれて、心強かったです。(20代女性)

    PCがあまり得意ではないため、他では全くと言っていいほど紹介されませんでしたが、担当さんが頑張ってくれて、ここでは職に就くことができました。(40代女性)

     

    ヒューマンリソシアのWebサイトへ

  2. リクルートスタッフィング

    300_250
    おすすめ度 5.0
    仕事の多さ 5.0
    フォロー体制 4.0
    設立:
    1987年
    登録スタッフ数:
    約90万人

    →業界最王手の派遣会社。

    一般的にも広く名の知れた企業であり、
    求人の質・量ともに国内最高と言えます。

    中でも、誰もがあこがれる超大手企業や、
    人気企業などのお仕事が豊富なのが魅力です。

    巨大なリクルートグループの強みを活かした
    他社よりもワンランク上の福利厚生
    スキルアップ制度など多彩なフォロー体制で
    はたらくスタッフの後ろを
    しっかりとサポートしてくれます。

    口コミのレビュー

    仕事の量が多くて、自分が選べる環境に驚いた!(30代女性)

    毎月しっかり状況確認のフォローをしてくれることに満足しています。(40代男性)

    時給を交渉しなくても、自然に上げてくれる派遣会社。(20代女性)

    なぜか、似たような求人でも他社より時給が高い。(30代女性)

    自己都合で退職したときでも、紹介が途切れず安心できた。(30代男性)

     
  3. インテリジェンス

    300_250
    おすすめ度 4.5
    仕事の多さ 4.0
    フォロー体制 4.5
    設立:
    1989年
    登録スタッフ数:
    非公開
    →「はたらくを楽しもう」をテーマに掲げ、
    転職支援サイト「DODA」や求人情報サイト「an」を運営する派遣会社。

    正社員転職に強みがあり、
    派遣での就業から正社員への
    ステップアップ実績も多数。

    業界内では洗練されているイメージがあり、
    非常に人気があります。

    派遣会社といえば、
    ほぼ全ての会社で
    訪問しての登録面談が必須ですが、
    インテリジェンスはWEBのみで
    派遣登録を完結させることが出来ます。

    来社不要の「オンライン登録」が
    時間短縮の面でも効率的です。
    口コミのレビュー
    若い社員が多いですが、皆さん親身に話を聞いてくれ、問題の解決に向けて一生懸命動いてくれて助かった。(30代女性)

    社員の質が他社よりも高いと思います。問題解決のスピードも速く、何に対してもレスポンスが良かった。(20代男性)

    営業担当の距離感のとり方が上手だった。派遣先からも好評価で、なんだか私も誇らしく思えた。(20代女性)

    インテリジェンスのWebサイトへ

  4. テンプスタッフ

    250_250gif
    おすすめ度 4.0
    仕事の多さ 3.5
    フォロー体制 3.0
    設立:
    1973年
    登録スタッフ数:
    国内約100万人
    →業界の老舗、女性を応援する派遣会社!
    比較的歴史の浅い派遣業界ですが、
    テンプスタッフはその先駆けとして、
    多くのノウハウが蓄積されています。

    社員教育もしっかりしており、
    トラブル対応力の高い営業が
    多く在籍しています。

    「今後もこの派遣会社の
    スタッフとして仕事がしたい」
    と賞賛されてる会社として
    評価されていて信頼できます。

    特に、働くママへのフォロー体制の充実度は
    派遣業界NO,1と言えます。

    子育てのために
    仕事のブランクがある人を対象にした
    「復職支援」が人気で、
    心構えからブランク解消のための
    実技研修など充実の内容です。
    女性には特に登録をお勧めしたい会社です。

     
    口コミのレビュー
    営業、仕事内容、時給。どれも相対的にレベルが高いです。(30代男性)

    数少ないママの味方になってくれる派遣会社!(30代女性)

    内部連携がしっかり取れている印象。社内のスタッフはみんないい人。(40代女性)

     

    テンプスタッフのWebサイトへ

  5. マンパワー

    normal_300_250
    おすすめ度 4.0
    仕事の多さ 3.0
    フォロー体制 4.0
    設立:
    1966年
    登録スタッフ数:
    約48万人
    日本で一番最初に
    派遣ビジネスをはじめた会社!
    マンパワーは、世界80カ国で
    事業展開するグローバルな派遣会社です。

    過去、派遣スタッフ満足度調査で
    「仕事紹介までのスピード(待機)の満足度」
    他5部門で第1位を獲得。

    外資系らしく、
    そのスピード感には定評があります。

    また、派遣だけの紹介にとどまらず、
    紹介予定派遣
    (最長6ヶ月の派遣就業後に直雇用の可能性)
    に代表される、直接雇用のシェアが
    多いのも魅力のひとつです。
    口コミのレビュー
    仕事決定までがとにかく早い。登録して即、就職できた。(30代男性)

    営業は過度なフォローをしないが、頼みごとに対するレスポンスが早くて助かっていた。(30代男性)

    基本、派遣先は優良企業ばかり。紹介される身としては安心して仕事先を選べました。(20代女性)

    仕事探しには
    マンパワーの運営するお仕事紹介サイト「JOBnet」を利用しましょう。 全国のマンパワーグループの求人を、
    たくさんの「こだわり条件」から
    お仕事詳細まで確認することができます。

    希望の仕事が見つかれば、
    マイページ登録をすることで
    実際に紹介が受けられます。

    マンパワーの「JOBnetへ」