雇用形態や理由に関わらず、

「退職したい」と伝えるには勇気がいります。

 

特に、初めて派遣で働いた場合は、

どのような流れで退職に至るのか不安になるかと思います。

 

ここでは、

実際によくある、

退職の流れ・派遣元の営業担当とのやり取りをご紹介します。

 

退職希望を伝えるタイミング

何かしらの理由で退職の意志を固めたら、

派遣元の営業担当に、その意向を伝えます。

(※間違っても、先に派遣先の上司に言わないように注意してください)

 

一般的な派遣会社の場合、

更新期限の1か月前迄に面談を設定しているところが多いと思うので、

そのタイミングでも構いませんが、

もし、その面談日より前に意思が固まったのなら、

その時点で営業担当に連絡を入れてください。

 

派遣元、はあなたの後任を探し始めなければならないので、

退職の話は早いに越したことはありません。

 

退職の意向を伝えた後の営業担当とのやり取り

派遣の場合の退職に至るまでの基本的な流れは、

 

1:派遣元の営業担当に退職の意志を伝える

2:あなたと派遣元の間で退職すること・退職日が決まったら、

派遣元の営業担当から、派遣先の担当者に伝える

3:派遣先で、退職までの引き継ぎに関する指示を受ける

4:事前に決めた日程で退職・諸手続き

 

となります。

 

①退職理由の確認と打開策の提示

あなたが、「辞めたい」と伝えると、

まず最初に、営業担当は必ず理由を聞いてきます。

 

あなた:「辞めたいです」

営業担当:「はい、分かりました。では退職の手続きに入りますね」

 

という風にアッサリとはいきませんので、

きちんと退職理由は用意しておいてください。

 

「なんとなく辞めたくなった」等、

曖昧な理由を伝えても、納得してもらえませんので、

第三者が聞いてもおかしくないような理由が必要です。

 

次に、退職理由を聞いた営業担当は、

退職希望となった理由の打開策を提示して、

何とかあなたの退職を阻止しようとします。

 

例えば、退職理由として、

「今の給料だと生活がギリギリになってきたので、もう少し時給の高い仕事がしたいから」

と伝えた場合、

「時給を少し上げられないか交渉するから、ちょっとこの話は保留にして」

「交通費として月に2万円出すから残って」

と、派遣会社ができる範囲の解決策を提示してきます。

 

もし、このような交渉をされたら、

その解決策は自分にとってメリッがあるかどうか、考えてみてください。

もちろん、意に添わなければ断っても構いませんが

「交通費をくれるならまだ続けてもいいかな」

という風に気持ちが変わるのであれば、

退職を考え直すのも、一つの手だと思います。

 

また、自分の中で、

「辞めたいけど、こうなったら続けてもいいかな」

という考えがある場合や、

営業担当が新人で頼りないタイプの場合(打開策を提示できそうにない等)には、

自分から、「こうしてほしい」と伝えてみるのもいいと思います。

(例:「交通費がネックで退職を検討してるんですが、月にいくらかでませんか?」等)

 

その場で即答はされなくても、

派遣元の社内で、実行可能かどうか検討はしてくれると思いますので、

伝える価値はあります。

 

稀なケースですが、

「正社員になりたいから辞める」という理由の場合、

派遣先がそれを聞いて、

「〇〇さん(あなた)を手放すのは惜しいから、うちに社員として迎えたい」

と言ってもらえることもあります。

私が派遣会社に勤めていた時も、このようなケースは何度かありました。

このように、あなたにプラスに働くこともあるので、

極力、営業担当には、正直に理由を伝え、最善策を一緒に考えてもらいましょう。

 

②退職時期の決定

営業担当と話した上で、「退職する」という結論に至ったら、

いつ辞めるかどうかを決めます。

 

基本的に、今ある契約期間は全うするのが、

最低限のルールですので、

病気等よほどの理由がない限り、すぐ辞めることはできません。

 

おそらく派遣元の担当者も、

契約期間内は勤務するように言ってくると思います。

 

どうしても期限が来る前に辞めたい場合は、

後任の人が見つかり次第辞める等、

派遣先・派遣元に迷惑が掛からないようにしてください。

 

 

また、次の派遣先も紹介してもらいたい場合は、

この時点で営業担当に伝えておくと良いでしょう。

 

但し、これは円満に退職できる場合に限ります。

自己主張ばかりしていると、

その後も良好な関係を保つというのは難しいので、

引き続き紹介を希望する場合は、

多少は派遣元の要望を聞き入れることも必要です。

 

③派遣先への報告

退職日まで決まったら、派遣元の担当者から、派遣先にそのことを伝えます。

退職理由をそのまま伝えることもありますが、

場合によっては、

派遣先には別の理由を伝えることもありますので、

その点は派遣元担当者と打ち合わせしておきましょう。

(例:“職場の社員との関係が理由”というような、派遣先に伝えづらい理由の場合)

 

派遣先の上司に伝わった時点で、

あなたからもお詫びの言葉を伝えてください。

退職=悪 ではありませんが、

多少なりとも周りに迷惑が掛かることは確かですから、

「この度は、私事で退職することになり、ご迷惑をおかけして申し訳ありません」

と伝え、引継ぎをどのようにするか確認し、

指示に従って残りの契約期間を勤務してください。

 

④退職日・退職の手続きについて

退職日(最終出勤日)には、関係部署に挨拶をして、

お世話になった旨を伝えましょう。

安いもので構わないので、菓子折りなどを最後に渡すと、

印象良く終われます。

 

会社を出る前に、

セキュリティーカードや、文具など、派遣先からの貸与物を返却したら、

派遣先とのやり取りは終了です。

 

派遣元との退職手続きは、最終出勤日にすることもあれば、

その前後の日程にすることもあります。

 

手続き内容としては、保険証の返却(加入の場合のみ)、

退職届や機密保持誓約書等、必要書類の記入などです。

 

離職票の発行は会社によって段取りが違います。

何も言わずとも、後日自宅に送られてくる場合と、

自分から申請しないと発行してもらえない場合がありますので、

派遣元に確認してください。

 

まとめ

退職は、あなた・派遣先・派遣元の三者間に様々な作業が発生します。

最低限のマナーとして、各所に迷惑のかからないように心がけましょう。

 

下のランキングも合わせて、ご参考になれば幸いです。
  1. ヒューマンリソシア

    banner_b_300_250
    おすすめ度 5.0
    仕事の多さ 4.5
    フォロー体制 4.5
    設立:
    1988年
    登録スタッフ数:
    約37万人

    →福利厚生が充実の派遣会社!
    元々、通信講座等の「教育サービス」が主力だった派遣会社です。

    派遣で就業すると、
    福利厚生として様々な資格取得の講座を割引で受けられます。
    数と質は他社より優れています。

    事務系のお仕事案件を
    メインとしていますので、
    デスクワークをしながら
    PCの資格を取得したい!

    資格を取って自分をレベルアップさせたい!
    という方にはメリットのある企業です。

    また、親身なスタッフ対応が
    この派遣会社の大きな強みとなっています。
    未経験から事務の仕事に就きたい方には、
    大手派遣会社よりオススメです。

    口コミのレビュー

    ここで働きながら、ファイナンシャルプランナーの資格を取得できました。営業さんがずっと応援してくれて、心強かったです。(20代女性)

    PCがあまり得意ではないため、他では全くと言っていいほど紹介されませんでしたが、担当さんが頑張ってくれて、ここでは職に就くことができました。(40代女性)

     

    ヒューマンリソシアのWebサイトへ

  2. リクルートスタッフィング

    300_250
    おすすめ度 5.0
    仕事の多さ 5.0
    フォロー体制 4.0
    設立:
    1987年
    登録スタッフ数:
    約90万人

    →業界最王手の派遣会社。

    一般的にも広く名の知れた企業であり、
    求人の質・量ともに国内最高と言えます。

    中でも、誰もがあこがれる超大手企業や、
    人気企業などのお仕事が豊富なのが魅力です。

    巨大なリクルートグループの強みを活かした
    他社よりもワンランク上の福利厚生
    スキルアップ制度など多彩なフォロー体制で
    はたらくスタッフの後ろを
    しっかりとサポートしてくれます。

    口コミのレビュー

    仕事の量が多くて、自分が選べる環境に驚いた!(30代女性)

    毎月しっかり状況確認のフォローをしてくれることに満足しています。(40代男性)

    時給を交渉しなくても、自然に上げてくれる派遣会社。(20代女性)

    なぜか、似たような求人でも他社より時給が高い。(30代女性)

    自己都合で退職したときでも、紹介が途切れず安心できた。(30代男性)

     
  3. インテリジェンス

    300_250
    おすすめ度 4.5
    仕事の多さ 4.0
    フォロー体制 4.5
    設立:
    1989年
    登録スタッフ数:
    非公開
    →「はたらくを楽しもう」をテーマに掲げ、
    転職支援サイト「DODA」や求人情報サイト「an」を運営する派遣会社。

    正社員転職に強みがあり、
    派遣での就業から正社員への
    ステップアップ実績も多数。

    業界内では洗練されているイメージがあり、
    非常に人気があります。

    派遣会社といえば、
    ほぼ全ての会社で
    訪問しての登録面談が必須ですが、
    インテリジェンスはWEBのみで
    派遣登録を完結させることが出来ます。

    来社不要の「オンライン登録」が
    時間短縮の面でも効率的です。
    口コミのレビュー
    若い社員が多いですが、皆さん親身に話を聞いてくれ、問題の解決に向けて一生懸命動いてくれて助かった。(30代女性)

    社員の質が他社よりも高いと思います。問題解決のスピードも速く、何に対してもレスポンスが良かった。(20代男性)

    営業担当の距離感のとり方が上手だった。派遣先からも好評価で、なんだか私も誇らしく思えた。(20代女性)

    インテリジェンスのWebサイトへ

  4. テンプスタッフ

    250_250gif
    おすすめ度 4.0
    仕事の多さ 3.5
    フォロー体制 3.0
    設立:
    1973年
    登録スタッフ数:
    国内約100万人
    →業界の老舗、女性を応援する派遣会社!
    比較的歴史の浅い派遣業界ですが、
    テンプスタッフはその先駆けとして、
    多くのノウハウが蓄積されています。

    社員教育もしっかりしており、
    トラブル対応力の高い営業が
    多く在籍しています。

    「今後もこの派遣会社の
    スタッフとして仕事がしたい」
    と賞賛されてる会社として
    評価されていて信頼できます。

    特に、働くママへのフォロー体制の充実度は
    派遣業界NO,1と言えます。

    子育てのために
    仕事のブランクがある人を対象にした
    「復職支援」が人気で、
    心構えからブランク解消のための
    実技研修など充実の内容です。
    女性には特に登録をお勧めしたい会社です。

     
    口コミのレビュー
    営業、仕事内容、時給。どれも相対的にレベルが高いです。(30代男性)

    数少ないママの味方になってくれる派遣会社!(30代女性)

    内部連携がしっかり取れている印象。社内のスタッフはみんないい人。(40代女性)

     

    テンプスタッフのWebサイトへ

  5. マンパワー

    normal_300_250
    おすすめ度 4.0
    仕事の多さ 3.0
    フォロー体制 4.0
    設立:
    1966年
    登録スタッフ数:
    約48万人
    日本で一番最初に
    派遣ビジネスをはじめた会社!
    マンパワーは、世界80カ国で
    事業展開するグローバルな派遣会社です。

    過去、派遣スタッフ満足度調査で
    「仕事紹介までのスピード(待機)の満足度」
    他5部門で第1位を獲得。

    外資系らしく、
    そのスピード感には定評があります。

    また、派遣だけの紹介にとどまらず、
    紹介予定派遣
    (最長6ヶ月の派遣就業後に直雇用の可能性)
    に代表される、直接雇用のシェアが
    多いのも魅力のひとつです。
    口コミのレビュー
    仕事決定までがとにかく早い。登録して即、就職できた。(30代男性)

    営業は過度なフォローをしないが、頼みごとに対するレスポンスが早くて助かっていた。(30代男性)

    基本、派遣先は優良企業ばかり。紹介される身としては安心して仕事先を選べました。(20代女性)

    仕事探しには
    マンパワーの運営するお仕事紹介サイト「JOBnet」を利用しましょう。 全国のマンパワーグループの求人を、
    たくさんの「こだわり条件」から
    お仕事詳細まで確認することができます。

    希望の仕事が見つかれば、
    マイページ登録をすることで
    実際に紹介が受けられます。

    マンパワーの「JOBnetへ」