派遣で働く場合は、

必ず派遣会社に登録面接に行き、

自分の経歴やスキルを申告することから始まります。

 

派遣会社は、その申告を元に、

様々なことを考慮した上で、その人に合った仕事を紹介していきます。

 

なので、派遣登録時の自己情報の提示は非常に重要なのですが、

中には、

「自分をよく見せよう」

「採用されたい」

と思うあまり、虚偽の申告をする方がいます。

 

私が過去に、派遣コーディネーターをしていた時も、

このような方はチラホラいました。

その時の実例を挙げながら、

虚偽があると、どのようなことが起こるのかをご紹介していきます。

 

困った派遣スタッフさんの実例

「登録時の際に虚偽があった」と一口に言っても、

様々な種類の「嘘」がありました。

 

スキル・経歴に虚偽があったケース

【①30代男性】

応募してきた案件は、建設関連企業でのCADオペレーター。

(CADオペレーター:設計図をCADソフトを用いて正確な図面に仕上げる仕事)

直近2年が建設系企業でのCADオペ。

登録時に行った、自己申告のスキルチェックでは、

CADソフトのスキルは中級程度はあることになっていました。

派遣先企業との顔合わせの際の仕事内容の説明も、スムーズに聞いており、

すぐ採用が決まりました。

ですが、実際の業務が始まると、操作スキルは基礎レベルで、

作業スピードが遅く、非常に見落としが多いと、派遣先よりクレームが入りました。

よくよく聞くと、前職では、CADオペの補佐的なポジションで、

メインのCADオペから指定された箇所を言われた通りに修正する、と

いう簡易的な作業しか担当していなかったことが判明しました。

 

派遣先担当者が親切だったので、

しばらくは研修をしたり丁寧なレクチャーを受けていましたが、

一向にスキルが上がらず、初回の契約をもって終了となりました。

 

【②40代女性】

受付医療事務に応募。

直近の5年程度は個人病院のパートで医療事務。

職務経歴書には、

「レセプト作成・カルテ出し・会計・受付」など一通りの作業歴の記載あり。

特に資格は持っていませんでしたが、募集していた案件も無資格OKだったため、

経験者ということもあり採用。

実際に実務が始まると、事務作業がほとんど出来ないことが判明。

確認すると、過去に病院に勤めていたことは事実でしたが、

フロアでの案内がメインで、医療事務と言われるような仕事はほぼしていませんでした。

 

多忙な派遣先だったため、一から教えてもらえる余裕もなく、

契約期間内でしたが、後任が見つかったタイミングで退職となりました。

 

職歴に虚偽があったケース

【30代女性】

営業事務に応募。

職歴も事務系ばかりで、パソコンスキルも問題なし。

ちょっと職歴が多いのは気になりましたが、他に候補もいなかったため、

とりあえず職場見学に行っていただくことになりました。

見学終了後、派遣先担当者から連絡があり、

連れて行った候補者は、過去に別の派遣会社からその企業に就業していたことが判明。

しかも、勤怠不良(遅刻欠勤の多さや、勤務態度が悪かった)で更新なしになった人物でした。

本人に確認すると、その事実を認め、

「環境がよかったので、何とかしてもう一度その会社に戻りたかった」と…。

 

もちろん、不採用になりました。

 

健康面に隠し事があったケース

【20代女性】

コールセンター業務に応募。

過去にコールセンターでの勤務経験もあり、採用。

就業先は、シフト制で、

その方は遅番メインを希望していたのですが、

シフト組みの関係上、月に数日は早番出勤の日がありました。

本人もその点は了承して入社したのですが、早番の日は必ず1時間以上遅刻していました。

遅番の日は時間通りに出勤していたので、しばらくは様子見だったのですが、

あまりにも早番時の遅刻が続くので、朝が弱いのかと思い確認したところ、

過去にパニック障害を発症しており、日常生活は問題ないけど、

満員電車に乗ると発作が起きる、現在も通院していると告白されました。

 

派遣先のルール上、一人だけ固定の時間のシフトにすることはできなかったので、

初回の契約をもって退職となりました。

派遣会社に嘘をつくリスク

上記の実例を読んで、どう思われたでしょうか?

もしかしたら、

「登録時に、もっとちゃんとヒアリングすればいいじゃないか」

と思われたかもしれません。

 

確かに、スキル面のトラブルは、

確認方法が違っていれば、防げていたかもしれません。

 

ですが、過去の職歴は、

興信所でも使わない限り、調べようがありませんので、

派遣会社としては、申告のあった経歴を信じて仕事を紹介せざるを得ません。

極端に、間が空いている時は、その間何をしていたのかを細かく確認しますが、

大前提として、職務経歴書には虚偽がないものと捉えていますので、

いちいち、「本当にこの会社に勤めていたんですか?!」等とは聞くことはありません。

 

また、病気の場合も申告がない限り、派遣会社側は把握のしようがありません。

最近は色々とデリケートな時代なので、面接時に、

「あなた、何か持病はありますか?」等とは聞けません。

 

重労働の職場の場合などは、

「●㎏程度の重い物を持ち運びますが、体調面に問題はないですか?」

等と聞いたりしますが、通常業務の場合はそういうわけにはいきません。

何も問題がないか探るような質問をしてみたり、

診断テストを受けさせたりしますが、

テストも100%当たるわけではないので、

自己申告がないと、医者でない限りは知りようがないのです。

 

前項で述べたように、

虚偽の申告をした場合、不採用になったり、契約更新がされなかったりと、

本人に不利なことしかありません。

 

虚偽の申告をした方に共通する言い訳は、

「仕事に受かりたかったから」

というものでしたが、実際は、相反する結果を招いています。

 

さらに、その仕事が上手くいかなかっただけでなく、

派遣会社側からの信頼も失い、その後、仕事を紹介してもらえない可能性が高いです。

「〇〇さんは嘘をついていた」というレッテルが貼られるからです。

 

全ての仕事は、人と人との関わりの上に成り立っています。

特に、派遣の場合は、直雇用の仕事よりも多い人数が関わることになりますので、

相互の信頼関係は非常に重要です。

 

派遣登録時に嘘をつくメリットは何もありません。

 

できること・出来ないこと・得意なこと・不安なこと

全て正直に話してもらってこそ、

派遣会社は、あなたにピッタリの仕事を紹介することができるのです。

 

そのことを忘れずに、

登録時には、くれぐれも嘘をつかないようにしてください。

 

 

下のランキングも合わせて、ご参考になれば幸いです。
  1. ヒューマンリソシア

    banner_b_300_250
    おすすめ度 5.0
    仕事の多さ 4.5
    フォロー体制 4.5
    設立:
    1988年
    登録スタッフ数:
    約37万人

    →福利厚生が充実の派遣会社!
    元々、通信講座等の「教育サービス」が主力だった派遣会社です。

    派遣で就業すると、
    福利厚生として様々な資格取得の講座を割引で受けられます。
    数と質は他社より優れています。

    事務系のお仕事案件を
    メインとしていますので、
    デスクワークをしながら
    PCの資格を取得したい!

    資格を取って自分をレベルアップさせたい!
    という方にはメリットのある企業です。

    また、親身なスタッフ対応が
    この派遣会社の大きな強みとなっています。
    未経験から事務の仕事に就きたい方には、
    大手派遣会社よりオススメです。

    口コミのレビュー

    ここで働きながら、ファイナンシャルプランナーの資格を取得できました。営業さんがずっと応援してくれて、心強かったです。(20代女性)

    PCがあまり得意ではないため、他では全くと言っていいほど紹介されませんでしたが、担当さんが頑張ってくれて、ここでは職に就くことができました。(40代女性)

     

    ヒューマンリソシアのWebサイトへ

  2. リクルートスタッフィング

    300_250
    おすすめ度 5.0
    仕事の多さ 5.0
    フォロー体制 4.0
    設立:
    1987年
    登録スタッフ数:
    約90万人

    →業界最王手の派遣会社。

    一般的にも広く名の知れた企業であり、
    求人の質・量ともに国内最高と言えます。

    中でも、誰もがあこがれる超大手企業や、
    人気企業などのお仕事が豊富なのが魅力です。

    巨大なリクルートグループの強みを活かした
    他社よりもワンランク上の福利厚生
    スキルアップ制度など多彩なフォロー体制で
    はたらくスタッフの後ろを
    しっかりとサポートしてくれます。

    口コミのレビュー

    仕事の量が多くて、自分が選べる環境に驚いた!(30代女性)

    毎月しっかり状況確認のフォローをしてくれることに満足しています。(40代男性)

    時給を交渉しなくても、自然に上げてくれる派遣会社。(20代女性)

    なぜか、似たような求人でも他社より時給が高い。(30代女性)

    自己都合で退職したときでも、紹介が途切れず安心できた。(30代男性)

     
  3. インテリジェンス

    300_250
    おすすめ度 4.5
    仕事の多さ 4.0
    フォロー体制 4.5
    設立:
    1989年
    登録スタッフ数:
    非公開
    →「はたらくを楽しもう」をテーマに掲げ、
    転職支援サイト「DODA」や求人情報サイト「an」を運営する派遣会社。

    正社員転職に強みがあり、
    派遣での就業から正社員への
    ステップアップ実績も多数。

    業界内では洗練されているイメージがあり、
    非常に人気があります。

    派遣会社といえば、
    ほぼ全ての会社で
    訪問しての登録面談が必須ですが、
    インテリジェンスはWEBのみで
    派遣登録を完結させることが出来ます。

    来社不要の「オンライン登録」が
    時間短縮の面でも効率的です。
    口コミのレビュー
    若い社員が多いですが、皆さん親身に話を聞いてくれ、問題の解決に向けて一生懸命動いてくれて助かった。(30代女性)

    社員の質が他社よりも高いと思います。問題解決のスピードも速く、何に対してもレスポンスが良かった。(20代男性)

    営業担当の距離感のとり方が上手だった。派遣先からも好評価で、なんだか私も誇らしく思えた。(20代女性)

    インテリジェンスのWebサイトへ

  4. テンプスタッフ

    250_250gif
    おすすめ度 4.0
    仕事の多さ 3.5
    フォロー体制 3.0
    設立:
    1973年
    登録スタッフ数:
    国内約100万人
    →業界の老舗、女性を応援する派遣会社!
    比較的歴史の浅い派遣業界ですが、
    テンプスタッフはその先駆けとして、
    多くのノウハウが蓄積されています。

    社員教育もしっかりしており、
    トラブル対応力の高い営業が
    多く在籍しています。

    「今後もこの派遣会社の
    スタッフとして仕事がしたい」
    と賞賛されてる会社として
    評価されていて信頼できます。

    特に、働くママへのフォロー体制の充実度は
    派遣業界NO,1と言えます。

    子育てのために
    仕事のブランクがある人を対象にした
    「復職支援」が人気で、
    心構えからブランク解消のための
    実技研修など充実の内容です。
    女性には特に登録をお勧めしたい会社です。

     
    口コミのレビュー
    営業、仕事内容、時給。どれも相対的にレベルが高いです。(30代男性)

    数少ないママの味方になってくれる派遣会社!(30代女性)

    内部連携がしっかり取れている印象。社内のスタッフはみんないい人。(40代女性)

     

    テンプスタッフのWebサイトへ

  5. マンパワー

    normal_300_250
    おすすめ度 4.0
    仕事の多さ 3.0
    フォロー体制 4.0
    設立:
    1966年
    登録スタッフ数:
    約48万人
    日本で一番最初に
    派遣ビジネスをはじめた会社!
    マンパワーは、世界80カ国で
    事業展開するグローバルな派遣会社です。

    過去、派遣スタッフ満足度調査で
    「仕事紹介までのスピード(待機)の満足度」
    他5部門で第1位を獲得。

    外資系らしく、
    そのスピード感には定評があります。

    また、派遣だけの紹介にとどまらず、
    紹介予定派遣
    (最長6ヶ月の派遣就業後に直雇用の可能性)
    に代表される、直接雇用のシェアが
    多いのも魅力のひとつです。
    口コミのレビュー
    仕事決定までがとにかく早い。登録して即、就職できた。(30代男性)

    営業は過度なフォローをしないが、頼みごとに対するレスポンスが早くて助かっていた。(30代男性)

    基本、派遣先は優良企業ばかり。紹介される身としては安心して仕事先を選べました。(20代女性)

    仕事探しには
    マンパワーの運営するお仕事紹介サイト「JOBnet」を利用しましょう。 全国のマンパワーグループの求人を、
    たくさんの「こだわり条件」から
    お仕事詳細まで確認することができます。

    希望の仕事が見つかれば、
    マイページ登録をすることで
    実際に紹介が受けられます。

    マンパワーの「JOBnetへ」