働いている人の大半が、

「もっと給与が高ければいいのに・・・」

と感じていると思います。

 

直雇用でも、ベースアップがない企業もある中、

派遣という働き方で、昇給は見込めるのでしょうか?

 

ここでは、派遣の時給に関することを

お話したいと思います。

 

そもそも、派遣は昇給があるのか?

正社員の場合、大半の企業では、

年に一回の定期昇給があります。

増額の差はありますが、

きちんと働いていれば、コンスタントに昇給してきます。

 

同じように、

派遣も年数が経てば、

自動的に時給が上がると思っている方がいらっしゃいますが、

これは間違いです。

 

派遣は、よほどのことがない限り、時給が上がることはありません。

最初に交わした契約書通りの金額で、

更新を繰り返すことを前提としています。

 

派遣会社で働いてた時に、

「今のままの時給だと生活が苦しいので、時給を上げてほしい」

と訴えてくる方がいらっしゃり、

よくよく話を聞くと、長く勤めれば昇給があると思っていたようでした。

 

このような勘違いを起こさないためにも、

派遣の仕事は、

昇給しないことが大前提だということを念頭に置き、

“その時給で生活ができるかどうか”

という点を考慮して選ぶようにしてください。

 

ですが、例外的に、派遣でも時給が上がる場合があります。

それはどのようなケースなのかを、これからご紹介します。

 

派遣で時給交渉は可能か?

派遣は、提示された額で働くことが一般的ですが、

場合によっては時給交渉も可能です。

 

①入社前(契約前)に時給交渉する場合

派遣会社側から仕事を紹介された時に、

「あと時給が100円高かったら働きたいな」

と思うこともあると思います。

 

そんな時は、ダメ元で紹介された時に交渉してみましょう。

「もう少し時給が高かったら働きたいのですが・・・」

等と伝えると、営業が調整して多少時給を上げてくれたり、

時給はそのままでも、

手当や、交通費を出してくれたりする場合があります。

 

ただし、この交渉が有効なのは、

経験必須の専門職や、資格必須の仕事など、特殊なものに限ります。

このような仕事の場合、候補者を見つけるのが難しいため、

派遣会社側としては、多少利益を削って時給を上げてでも、

繋ぎとめたいと思うケースが多いからです。

 

その反面、一般事務や営業事務など、

特に資格も必要とされない職種の場合は通用しませんので、注意してください。

 

②勤務開始後(契約後)に交渉する場合

勤務がスタートして、時給が交渉できるのは、

 

1:業務内容が大幅に増えた場合

2:明らかに業務内容が契約と異なる場合

 

に限ります。

 

基本的に、派遣の場合は、契約に至るまでに、

派遣会社から仕事内容を細かく説明し、

職場見学でも同様に派遣先から説明を受け、

その内容に納得した上で入社します。

 

ですが、中には、実際に働いてみると、

聞いていない仕事をたくさん任される場合もあります。

 

このようなことが起きたら、

派遣元の営業担当に、

どのような業務が追加になっているかを報告し、

「聞いていた仕事内容より業務が増えたので、時給を上げるか手当をいただけませんか?」

と交渉してみましょう。

 

ケース1【業務内容が大幅に増えた場合】

(例)

・人事部に営業事務として入社

・業務内容:電話対応、応募者への合否通知、説明会受付、その他付随する庶務

 

という仕事に就いたとします。

実際に働いてみると、上記業務の他に、

 

・出張を伴う説明会への参加、懇親会/研修の企画・準備・運営、データ集計

 

等の仕事が追加になった・・・

このような場合は、時給交渉の余地は十分にあります。

 

この場合の交渉ポイントは、

・出張など、予定外の社外活動が発生した

・企画、運営など責任の重い仕事を任された

という点です。

 

つまり、時給を交渉する場合には、

事前に聞いた仕事に比べて、

明らかに、複雑で責任のある業務が発生したかどうか

という点が重要になるのです。

 

反対に、

聞いていない業務があったとしても、

それが庶務的な内容であれば、時給交渉の対象にはなりません。

 

例えば、

 

・思っていたより電話対応が多い

・郵便の仕分けを頼まれた

・倉庫の整理を頼まれた

 

というような庶務業務の場合は、交渉の対象にはなり得ません。

 

ちなみに、上記に挙げたのは、

実際に私が派遣会社にいた際に体験した事例です。

 

人事の仕事の場合には、明らかに大変な仕事が増えたので、

時給交渉も納得でしたが、

「郵便の仕分けを頼まれた!この時給だと割に合わない」

と言われたときには、

「企業勤めの社会人なんだから、そのくらいやってよ…」

と内心では思いました。

そして、それは庶務のうちだから昇給対象ではないと、

延々と説明した思い出があります。

 

社会人として働く以上、派遣であっても想定外の仕事は必ず発生します。

もし、“聞いていたより仕事が多い”という場面に直面したら、

時給交渉をする前に、

“その仕事は昇給に値する程大変な仕事なのか?”

と冷静になって考えてみてください。

 

 

ケース2明らかに業務内容が契約と異なる場合

(例)

・通信販売会社のコールセンターに入社

・業務内容:受信のみ。注文受付、データ処理

 

という条件で入社したにも関わらず、

実際働いてみると、

 

・サンプル請求した顧客に、定期購入を促す営業電話をかける担当なった

 

このような場合も、時給交渉は可能です。

 

発信営業は不人気職種なので、

受信業務より時給が高いことが多いです。

 

さすがに、ここまで内容が違うと、

退職を検討するかもしれませんが、

「時給が上がるならやってもいい」

と気持ちを切り替えられるのであれば、

 

すぐに担当者に時給交渉しましょう。

 

“時給が上がらないから転職する” この選択は正しい?

前述したような状況ではなくても、

「今の時給に満足できないので、転職したい」

と思う方もいると思います。

 

ですが、安易な転職はお勧めできません。

 

もちろん、時給を基準に考えるでしょうから、

今の職場よりも手取りが増える可能性は高いです。

しかし、仕事内容・人間関係・安定性などは、

今の職場以上の環境が保証されるわけではありません。

当たり前のことですが、

時給が高くて楽な仕事などありません。

 

時給が高い=求められるものも高い

 

この構図を忘れないようにしてください。

 

それも踏まえた上で、転職すべきかどうか、

一度立ち止まって考えた方が良いでしょう。

 

金額だけに飛びついて、他のことを考慮せずに安易に転職すると、

「給与は安かったけど前の職場の方が良かった・・・」

「時給は高いけど、仕事がきつすぎて辞めたい」

等という気持ちになり、また転職先を探す・・・

という負のスパイラルに陥る可能性もあり得ます。

 

転職回数を増やすことは、

その後の就職の際に、どんどん不利なってしまうので

「辞めたい!」「転職したい!」

と思っても、立ち止まってゆっくり考える癖をつけてください。

 

まとめ

まずは、時給で悩まないためにも、

“派遣は昇給しない”という前提で、

仕事を選択するようにしましょう。

 

給与面を考えずに入社したり、

急激な家庭環境の変化で、今の給与だときつくなったりした場合は、

時給の高い仕事=今より大変な仕事

という構図をしっかりと理解した上で、

転職するかどうかを検討しましょう。

 

そして、転職するという結論に至れば、

まずは、派遣会社の担当に相談してみてください。

親身になってくれる担当者であれば、時給交渉や、

次の転職先となる派遣先を紹介してくれるかもしれません。

話しても埒が明かないような担当であれば、

別の派遣会社に登録に行って相談するなど、

転職を繰り返さなくて済むような納得できる職場を探しましょう。

 

下のランキングも合わせて、ご参考になれば幸いです。
  1. ヒューマンリソシア

    banner_b_300_250
    おすすめ度 5.0
    仕事の多さ 4.5
    フォロー体制 4.5
    設立:
    1988年
    登録スタッフ数:
    約37万人

    →福利厚生が充実の派遣会社!
    元々、通信講座等の「教育サービス」が主力だった派遣会社です。

    派遣で就業すると、
    福利厚生として様々な資格取得の講座を割引で受けられます。
    数と質は他社より優れています。

    事務系のお仕事案件を
    メインとしていますので、
    デスクワークをしながら
    PCの資格を取得したい!

    資格を取って自分をレベルアップさせたい!
    という方にはメリットのある企業です。

    また、親身なスタッフ対応が
    この派遣会社の大きな強みとなっています。
    未経験から事務の仕事に就きたい方には、
    大手派遣会社よりオススメです。

    口コミのレビュー

    ここで働きながら、ファイナンシャルプランナーの資格を取得できました。営業さんがずっと応援してくれて、心強かったです。(20代女性)

    PCがあまり得意ではないため、他では全くと言っていいほど紹介されませんでしたが、担当さんが頑張ってくれて、ここでは職に就くことができました。(40代女性)

     

    ヒューマンリソシアのWebサイトへ

  2. リクルートスタッフィング

    300_250
    おすすめ度 5.0
    仕事の多さ 5.0
    フォロー体制 4.0
    設立:
    1987年
    登録スタッフ数:
    約90万人

    →業界最王手の派遣会社。

    一般的にも広く名の知れた企業であり、
    求人の質・量ともに国内最高と言えます。

    中でも、誰もがあこがれる超大手企業や、
    人気企業などのお仕事が豊富なのが魅力です。

    巨大なリクルートグループの強みを活かした
    他社よりもワンランク上の福利厚生
    スキルアップ制度など多彩なフォロー体制で
    はたらくスタッフの後ろを
    しっかりとサポートしてくれます。

    口コミのレビュー

    仕事の量が多くて、自分が選べる環境に驚いた!(30代女性)

    毎月しっかり状況確認のフォローをしてくれることに満足しています。(40代男性)

    時給を交渉しなくても、自然に上げてくれる派遣会社。(20代女性)

    なぜか、似たような求人でも他社より時給が高い。(30代女性)

    自己都合で退職したときでも、紹介が途切れず安心できた。(30代男性)

     
  3. インテリジェンス

    300_250
    おすすめ度 4.5
    仕事の多さ 4.0
    フォロー体制 4.5
    設立:
    1989年
    登録スタッフ数:
    非公開
    →「はたらくを楽しもう」をテーマに掲げ、
    転職支援サイト「DODA」や求人情報サイト「an」を運営する派遣会社。

    正社員転職に強みがあり、
    派遣での就業から正社員への
    ステップアップ実績も多数。

    業界内では洗練されているイメージがあり、
    非常に人気があります。

    派遣会社といえば、
    ほぼ全ての会社で
    訪問しての登録面談が必須ですが、
    インテリジェンスはWEBのみで
    派遣登録を完結させることが出来ます。

    来社不要の「オンライン登録」が
    時間短縮の面でも効率的です。
    口コミのレビュー
    若い社員が多いですが、皆さん親身に話を聞いてくれ、問題の解決に向けて一生懸命動いてくれて助かった。(30代女性)

    社員の質が他社よりも高いと思います。問題解決のスピードも速く、何に対してもレスポンスが良かった。(20代男性)

    営業担当の距離感のとり方が上手だった。派遣先からも好評価で、なんだか私も誇らしく思えた。(20代女性)

    インテリジェンスのWebサイトへ

  4. テンプスタッフ

    250_250gif
    おすすめ度 4.0
    仕事の多さ 3.5
    フォロー体制 3.0
    設立:
    1973年
    登録スタッフ数:
    国内約100万人
    →業界の老舗、女性を応援する派遣会社!
    比較的歴史の浅い派遣業界ですが、
    テンプスタッフはその先駆けとして、
    多くのノウハウが蓄積されています。

    社員教育もしっかりしており、
    トラブル対応力の高い営業が
    多く在籍しています。

    「今後もこの派遣会社の
    スタッフとして仕事がしたい」
    と賞賛されてる会社として
    評価されていて信頼できます。

    特に、働くママへのフォロー体制の充実度は
    派遣業界NO,1と言えます。

    子育てのために
    仕事のブランクがある人を対象にした
    「復職支援」が人気で、
    心構えからブランク解消のための
    実技研修など充実の内容です。
    女性には特に登録をお勧めしたい会社です。

     
    口コミのレビュー
    営業、仕事内容、時給。どれも相対的にレベルが高いです。(30代男性)

    数少ないママの味方になってくれる派遣会社!(30代女性)

    内部連携がしっかり取れている印象。社内のスタッフはみんないい人。(40代女性)

     

    テンプスタッフのWebサイトへ

  5. マンパワー

    normal_300_250
    おすすめ度 4.0
    仕事の多さ 3.0
    フォロー体制 4.0
    設立:
    1966年
    登録スタッフ数:
    約48万人
    日本で一番最初に
    派遣ビジネスをはじめた会社!
    マンパワーは、世界80カ国で
    事業展開するグローバルな派遣会社です。

    過去、派遣スタッフ満足度調査で
    「仕事紹介までのスピード(待機)の満足度」
    他5部門で第1位を獲得。

    外資系らしく、
    そのスピード感には定評があります。

    また、派遣だけの紹介にとどまらず、
    紹介予定派遣
    (最長6ヶ月の派遣就業後に直雇用の可能性)
    に代表される、直接雇用のシェアが
    多いのも魅力のひとつです。
    口コミのレビュー
    仕事決定までがとにかく早い。登録して即、就職できた。(30代男性)

    営業は過度なフォローをしないが、頼みごとに対するレスポンスが早くて助かっていた。(30代男性)

    基本、派遣先は優良企業ばかり。紹介される身としては安心して仕事先を選べました。(20代女性)

    仕事探しには
    マンパワーの運営するお仕事紹介サイト「JOBnet」を利用しましょう。 全国のマンパワーグループの求人を、
    たくさんの「こだわり条件」から
    お仕事詳細まで確認することができます。

    希望の仕事が見つかれば、
    マイページ登録をすることで
    実際に紹介が受けられます。

    マンパワーの「JOBnetへ」