私は派遣先の契約満期終了する際、
後任の派遣社員が正式に決まった後、
ドタキャンされるという経験を3度しております。

 

この時、3人がどんな理由で断ってきたのか、
その際派遣先の上司は
どのような反応だったのかをお話します。

 

後任の派遣社員が就業決定後ドタキャンした時の体験談

これからお話する派遣社員のドタキャン話は、
顔合わせ終了後に企業から
「是非就業して欲しい」という返事を貰い、
派遣社員本人が「お引き受け致します」と答え、
正式に派遣先に就業が決まった後の出来事です。

 

私は後任の派遣社員が決まったという知らせを聞き、
就業開始日を心待ちにしていましたが、
その日を待たずに、後任の派遣社員から
「やっぱり就業できません」
と、ドタキャンをされたのです。

 

誤解があってはいけないので改めて説明しますが、

雇用契約を結ぶ前であれば、

止むを得ない事情によって

派遣元と相談・了承の上

就業をキャンセルすることも可能です。

 

それでは、どんな理由で派遣社員は
就業決定後に断ってきたのか、
1人ずつお話していきましょう。

 

ドタキャン理由①別会社で派遣社員として就業が決まった

1人目は派遣会社にいくつか登録しており、
複数の派遣会社から同時に仕事を紹介されていたケースです。

 

「顔合わせしたからといって採用されるとは限らないし…」

 

と、この方はどちらからの仕事の紹介も受け、
日をずらして顔合わせを並行して行っていました。

 

そして、先に決まったのが私のいる派遣先企業でした。
彼女はもう1社の顔合わせに自信がなかったのか、
それとも元々保険にするつもりだったのかはわかりませんが、
私のいる派遣先企業での就業を一度引き受けます。

 

しかし、後日別の派遣会社で顔合わせした企業での就業が決定しました。

 

きっと、時給や勤務地、仕事内容などが、
私のいる派遣先企業より彼女にとって好条件だったのでしょう。

 

「別の会社で派遣社員の仕事が決まり、そちらで働きたいのでお断りします」

 

という理由で、ドタキャンしてきたそうです。
この話は、派遣先の上司から聞きました。

 

「そういう理由で断っていいの?」

 

と、私に上司は愚痴半分で聞いてきたので、

 

「普通は先に決まった企業を優先すると思います」

 

と答えました。

 

顔合わせを並行して行う派遣社員は一定数いますし、
後から決まった派遣先の方が好条件ならば、
そちらに気持ちが傾くのもわかります。

 

だけど、派遣社員のマナーとしてどうなのかな?と感じました。
正直過ぎるにも程がありますよね…。

 

さすがに、この時派遣先上司は
断ってきた理由に少々立腹していた様子です。
私に八つ当たりされたわけではありませんが、
きっと断ってきた派遣社員が登録している派遣会社は
クレームが入っただろうなぁと思いました。

 

 

ドタキャン理由②忘れた頃正社員の書類選考合格の通知がきた

2人目も、私の派遣先企業で就業が決まった後、
別の仕事が決まってそちらを優先したいという理由です。

 

ただし、今回は同じ派遣社員の仕事ではなく、
正社員の仕事でした。

 

一度後任として決まった派遣社員の方は、
本当は正社員の仕事を探していて、
しばらく就職活動を頑張っていたそうです。

 

しかし、なかなか決まらず、
一度正社員で仕事を探すことを中断し、
派遣社員として働こうと、
今回の顔合わせに参加したそうです。

 

彼女はもちろんそのまま就業するつもりでしたが、
就業決定後、忘れた頃に以前正社員で応募した書類選考の合格通知が届きます。

 

これは、書類選考であり、
まだ正社員として採用が決まったわけではありません。
もちろん、彼女は正社員の試験を引き続き受けたいと思っていました。
しかし正社員の試験を受けて採用が決まったら、
派遣社員の仕事を辞めることになります。

 

派遣社員として働き始めて間もなく、

正社員の仕事が決まったからと辞めてしまうと、
返って派遣先企業に迷惑をかけてしまうという理由

で、彼女は仕事を断りました。

 

これも、派遣先の上司から直で聞いた話です。

 

同じ仕事でも、派遣社員と正社員では、
やはり重みが違います。
また、この時の理由は嘘ではないことは明白です。

 

そのため、派遣先の上司も、
「仕方ないよねぇ…。正社員に受かるといいねぇ」
と、前向きにドタキャンを受け止めていました。

 

 

ドタキャン理由③持病が悪化し休養が必要になった

3人目は、2人目がドタキャンしてしまったため、
慌てて再び後任を探した時の出来事です。

 

そうなのです。
2人目と3人目、同じ派遣先での出来事なのです。
私は2回連続で後任にドタキャンされてしまいました。

 

3人目の派遣社員が、
派遣先企業終業後断ってきた理由は、
持病の悪化です。

 

元々持病があり、就業決定後に体調を崩し、
しばらく休養が必要になったため、
働くことができなくなったという理由でした。

 

流石に2人連続でドタキャンはめずらしく、
まずは派遣先の上司から、
「また、後任の派遣社員から断られたよ」
と、トホホな感じで報告を受けた私です。

 

上司は断ってきた理由を私に説明した後、

 

「これって、嘘だよね。明らかに嘘っぽいよね」

 

と、言ってきました。
なんでも、顔合わせの際持病の話など欠片もなく、
とても元気そうな女性だったのだとか。

 

もちろん、嘘と決まったわけじゃありませんし、
真実は彼女と彼女が登録している派遣会社しか知りません。
でも、私も思わず、

 

「嘘だと思います」

 

と、頷いてしまいました。

 

病気や持病は就業決定後に限らず、
派遣社員が何かと断りたい時に持ち出す理由ですが、
いざ、実際に目の当たりにすると、
如何にも嘘っぽいものなんだなぁと痛感した出来事です。

 

とは言え、嘘っぽくても本当の可能性もある為、
「病気」を理由にされると、
何も言えなくなってしまいます。

 

だからこそ、断る理由として万能なのかもしれないと感じました。

 

 

派遣社員の仕事が決まった後断る時に大切なこととは?

顔合わせをし、派遣先での就業が決定後、
やむを得ない理由で断らなければならないことがあるかもしれません。

 

しかし、正直に理由をそのまま伝えると、
返って派遣先企業の心象を悪くすることもあります。

 

かといって、あからさまな嘘の理由も
派遣先企業から見透かされてしまいます。

 

断る時、実はその理由より大切なことがあります。

 

それは、時間を割いて顔合わせの時間を作ってくれ、

「是非就業して欲しい」と自分を評価してくれた企業先に

「本当に申し訳ない」と

誠心誠意の姿勢を見せることだと思います。

 

下のランキングも合わせて、ご参考になれば幸いです。
  1. ヒューマンリソシア

    banner_b_300_250
    おすすめ度 5.0
    仕事の多さ 4.5
    フォロー体制 4.5
    設立:
    1988年
    登録スタッフ数:
    約37万人

    →福利厚生が充実の派遣会社!
    元々、通信講座等の「教育サービス」が主力だった派遣会社です。

    派遣で就業すると、
    福利厚生として様々な資格取得の講座を割引で受けられます。
    数と質は他社より優れています。

    事務系のお仕事案件を
    メインとしていますので、
    デスクワークをしながら
    PCの資格を取得したい!

    資格を取って自分をレベルアップさせたい!
    という方にはメリットのある企業です。

    また、親身なスタッフ対応が
    この派遣会社の大きな強みとなっています。
    未経験から事務の仕事に就きたい方には、
    大手派遣会社よりオススメです。

    口コミのレビュー

    ここで働きながら、ファイナンシャルプランナーの資格を取得できました。営業さんがずっと応援してくれて、心強かったです。(20代女性)

    PCがあまり得意ではないため、他では全くと言っていいほど紹介されませんでしたが、担当さんが頑張ってくれて、ここでは職に就くことができました。(40代女性)

     

    ヒューマンリソシアのWebサイトへ

  2. リクルートスタッフィング

    300_250
    おすすめ度 5.0
    仕事の多さ 5.0
    フォロー体制 4.0
    設立:
    1987年
    登録スタッフ数:
    約90万人

    →業界最王手の派遣会社。

    一般的にも広く名の知れた企業であり、
    求人の質・量ともに国内最高と言えます。

    中でも、誰もがあこがれる超大手企業や、
    人気企業などのお仕事が豊富なのが魅力です。

    巨大なリクルートグループの強みを活かした
    他社よりもワンランク上の福利厚生
    スキルアップ制度など多彩なフォロー体制で
    はたらくスタッフの後ろを
    しっかりとサポートしてくれます。

    口コミのレビュー

    仕事の量が多くて、自分が選べる環境に驚いた!(30代女性)

    毎月しっかり状況確認のフォローをしてくれることに満足しています。(40代男性)

    時給を交渉しなくても、自然に上げてくれる派遣会社。(20代女性)

    なぜか、似たような求人でも他社より時給が高い。(30代女性)

    自己都合で退職したときでも、紹介が途切れず安心できた。(30代男性)

     
  3. インテリジェンス

    300_250
    おすすめ度 4.5
    仕事の多さ 4.0
    フォロー体制 4.5
    設立:
    1989年
    登録スタッフ数:
    非公開
    →「はたらくを楽しもう」をテーマに掲げ、
    転職支援サイト「DODA」や求人情報サイト「an」を運営する派遣会社。

    正社員転職に強みがあり、
    派遣での就業から正社員への
    ステップアップ実績も多数。

    業界内では洗練されているイメージがあり、
    非常に人気があります。

    派遣会社といえば、
    ほぼ全ての会社で
    訪問しての登録面談が必須ですが、
    インテリジェンスはWEBのみで
    派遣登録を完結させることが出来ます。

    来社不要の「オンライン登録」が
    時間短縮の面でも効率的です。
    口コミのレビュー
    若い社員が多いですが、皆さん親身に話を聞いてくれ、問題の解決に向けて一生懸命動いてくれて助かった。(30代女性)

    社員の質が他社よりも高いと思います。問題解決のスピードも速く、何に対してもレスポンスが良かった。(20代男性)

    営業担当の距離感のとり方が上手だった。派遣先からも好評価で、なんだか私も誇らしく思えた。(20代女性)

    インテリジェンスのWebサイトへ

  4. テンプスタッフ

    250_250gif
    おすすめ度 4.0
    仕事の多さ 3.5
    フォロー体制 3.0
    設立:
    1973年
    登録スタッフ数:
    国内約100万人
    →業界の老舗、女性を応援する派遣会社!
    比較的歴史の浅い派遣業界ですが、
    テンプスタッフはその先駆けとして、
    多くのノウハウが蓄積されています。

    社員教育もしっかりしており、
    トラブル対応力の高い営業が
    多く在籍しています。

    「今後もこの派遣会社の
    スタッフとして仕事がしたい」
    と賞賛されてる会社として
    評価されていて信頼できます。

    特に、働くママへのフォロー体制の充実度は
    派遣業界NO,1と言えます。

    子育てのために
    仕事のブランクがある人を対象にした
    「復職支援」が人気で、
    心構えからブランク解消のための
    実技研修など充実の内容です。
    女性には特に登録をお勧めしたい会社です。

     
    口コミのレビュー
    営業、仕事内容、時給。どれも相対的にレベルが高いです。(30代男性)

    数少ないママの味方になってくれる派遣会社!(30代女性)

    内部連携がしっかり取れている印象。社内のスタッフはみんないい人。(40代女性)

     

    テンプスタッフのWebサイトへ

  5. マンパワー

    normal_300_250
    おすすめ度 4.0
    仕事の多さ 3.0
    フォロー体制 4.0
    設立:
    1966年
    登録スタッフ数:
    約48万人
    日本で一番最初に
    派遣ビジネスをはじめた会社!
    マンパワーは、世界80カ国で
    事業展開するグローバルな派遣会社です。

    過去、派遣スタッフ満足度調査で
    「仕事紹介までのスピード(待機)の満足度」
    他5部門で第1位を獲得。

    外資系らしく、
    そのスピード感には定評があります。

    また、派遣だけの紹介にとどまらず、
    紹介予定派遣
    (最長6ヶ月の派遣就業後に直雇用の可能性)
    に代表される、直接雇用のシェアが
    多いのも魅力のひとつです。
    口コミのレビュー
    仕事決定までがとにかく早い。登録して即、就職できた。(30代男性)

    営業は過度なフォローをしないが、頼みごとに対するレスポンスが早くて助かっていた。(30代男性)

    基本、派遣先は優良企業ばかり。紹介される身としては安心して仕事先を選べました。(20代女性)

    仕事探しには
    マンパワーの運営するお仕事紹介サイト「JOBnet」を利用しましょう。 全国のマンパワーグループの求人を、
    たくさんの「こだわり条件」から
    お仕事詳細まで確認することができます。

    希望の仕事が見つかれば、
    マイページ登録をすることで
    実際に紹介が受けられます。

    マンパワーの「JOBnetへ」