昨今、派遣で仕事を探していると、

「無期雇用」というワードを目にする機会が増えました。

 

一度は見聞きしたことがあるかと思いますが、

「聞いたことはあるけど、実はイマイチよく分かっていない」

という方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、新しい選択肢である「無期雇用」の説明と、

そのメリット・デメリットをご紹介します。

 

「無期雇用」とは?

2013年(平成25)の労働契約法の改正に伴い、

「無期雇用派遣への転換」というルールが決まり、

2018年(平成30)4月から「無期雇用派遣」という働き方が始まります。

 

同じ派遣元との有期契約が通算で5年を超えた場合、

(平成25年4月1日以降に契約した期間が通算5年を超えた場合)

労働者からの申し込みにより、

派遣元と無期雇用(期間の定めのない契約)を結ぶことができるようになりました。

労働者から申し込みがあれば、派遣元は断ることができません。

 

このような、期間の定めのない派遣契約を「無期雇用派遣」といいます。

 

登録型派遣との違いは?

登録型派遣

これは従来の派遣の働き方で、

派遣会社に登録しておき、仕事(派遣先)が決まったら、

派遣会社と労働契約を結び、その期間だけ働くというものです。

お給料は、契約を交わして派遣先で働いている期間だけ支払われます。

 

一方で、

無期雇用派遣は、

派遣会社の社員として派遣先企業で就業し、

派遣先で働いていない期間もお給料が発生します。

(※派遣先が決まるまでの間は派遣会社内で待機・雑務などを行う)

 

無期雇用派遣のメリット

①雇用を保証してくれる

従来の派遣の最大のデメリットは、雇用が不安定な点でした。

一時期、「派遣切り」という言葉が横行したことからも分かるように、

契約が切れれば、それ以降の仕事の保証は一切ありません。

その点、無期雇用派遣の場合は、

1つの派遣が終了しても、その次の派遣先も保証してもらえます。

 

特に、登録型派遣の場合は、年齢が上がると、どんどん仕事が見つけづらくなりますが、

無期雇用の場合は、自分のキャリアにあった派遣先を派遣会社が見つけてきてくれますので、

年齢を重ねたことによる就職への不安は解消されます。

 

②月給制になり、毎月の収入が安定する

登録型派遣の場合は、派遣先によって給与が異なるため、ほとんどの場合は月給制です。

また、当然のことながら、働いていない期間は給与が発生しません。

 

ですが、無期雇用の場合は、月給制での勤務となり、毎月の給与が安定します。

次の派遣先が決まるまでに期間が空いたとしても、その間の給与も支払われます。

(※ただし、自宅で休むわけではなく、この期間は派遣会社内での雑用などを頼まれます)

 

③福利厚生が受けられる

無期雇用派遣に転換することで、その派遣会社の福利厚生の対象になります。

各種手当や、保養所などの施設利用、各サービスの割引など、

登録型派遣では受けられなかった福利厚生が受けられることになります。

 

④派遣期間制限の3年を超えても、同一業務で働ける

平成27年の派遣法改正に伴い、

同一業務で働けるのは3年までという制限が設けられましたが、

無期雇用の場合は、例外として、同一業務でも期間の制限なく働き続けることができます。

 

無期雇用派遣のデメリット

①無期雇用=正社員 ではない

労働契約が無期限だからと言って、正社員という扱いではありません。

あくまでも、期間の定めのない派遣社員なのです。

 

派遣社員という扱いですから、正社員のような責任は伴いませんが、

その反面、

給与や賞与の額、昇給の有無や、受けられる手当などは、正社員のそれとは異なります。

 

有期契約の派遣社員だった頃と比べて毎月の給与は安定しますが、

大幅な手取りの増額は見込めないのが現状です。

また、昇給に関しても、全くないか、あったとしても、ごく少額の場合がほとんどです。

 

各会社により条件は異なりますので、契約をする前にしっかりと確認しましょう。

 

②モチベーションの維持が難しい

前述したように、正社員という扱いではないため、

「雇用が安定している」という点以外に、長く働き続ける利点を感じづらいです。

 

賞与や昇給もなければ、

毎月同じ給与でずっと働き続けることになります。

そうなると、就業に対するモチベーションを維持するのが難しくなります。

 

どこかのタイミングで、「正社員になりたい」と思ったとしても、

無期雇用派遣で働いていて、派遣先から直雇用切り替えの声がかかることは稀です。

 

正社員への転職は、若い時期の方が有利です。

「やっぱり正社員になりたい」と思ったタイミングが、

年齢的に就職するには厳しく、就職先の選択肢がほとんどない・・・

という最悪の事態にならないように、

無期雇用を選択する場合は、正社員と天秤にかけて、

「正社員ではなく、無期雇用派遣の方が自分に合っているのか?」をしっかりと考えましょう。

 

③派遣先を選べない

無期雇用の場合、派遣元から指定された派遣先で就業することになります。

そのため、登録型派遣のように就業先を指定することができません。

 

ある程度、自分のキャリアを踏まえた上で派遣先は決定されますが、

無期契約を結んでいる以上、

派遣先の人間関係・労働環境などについて不満が生じても、簡単に辞めることはできません。

 

④誰でも必ず無期雇用になれるわけではない

冒頭で、

「同じ派遣元との有期契約が通算で5年を超えた場合、

労働者からの申し込みにより、派遣元と無期雇用(期間の定めのない契約)を結ぶことができる」

と述べましたが、

このチャンスが全員に平等に訪れるわけではありません。

 

派遣会社側も無期雇用で雇うとなると、多少なりともリスクが生じます。

20代の若い派遣スタッフであれば、

無期雇用に転換した後も長く活躍してくれることが期待できますが、

残念ながら、年齢を重ねたスタッフには同じような期待はできません。

 

となると、人によっては、

有期契約が通算5年になる前に派遣契約が終了し、

その後、その派遣会社からは仕事が紹介されず(もしくは、応募しても不採用になり)、

無期雇用への転換を申し入れるチャンスが訪れない可能性があるのです。

 

 

今、有期契約の派遣で就業しているからと言って、

必ずしも、同じ派遣会社で通算5年の契約を結べる保証はないという点は、

しっかりと頭に入れておきましょう。

 

 

無期雇用派遣には、メリットもデメリットもあります。

自分にあった働き方はどれなのか?

ライフスタイルや将来設計をしっかり考えた上で選択しましょう。

 

 

 

下のランキングも合わせて、ご参考になれば幸いです。
  1. ヒューマンリソシア

    banner_b_300_250
    おすすめ度 5.0
    仕事の多さ 4.5
    フォロー体制 4.5
    設立:
    1988年
    登録スタッフ数:
    約37万人

    →福利厚生が充実の派遣会社!
    元々、通信講座等の「教育サービス」が主力だった派遣会社です。

    派遣で就業すると、
    福利厚生として様々な資格取得の講座を割引で受けられます。
    数と質は他社より優れています。

    事務系のお仕事案件を
    メインとしていますので、
    デスクワークをしながら
    PCの資格を取得したい!

    資格を取って自分をレベルアップさせたい!
    という方にはメリットのある企業です。

    また、親身なスタッフ対応が
    この派遣会社の大きな強みとなっています。
    未経験から事務の仕事に就きたい方には、
    大手派遣会社よりオススメです。

    口コミのレビュー

    ここで働きながら、ファイナンシャルプランナーの資格を取得できました。営業さんがずっと応援してくれて、心強かったです。(20代女性)

    PCがあまり得意ではないため、他では全くと言っていいほど紹介されませんでしたが、担当さんが頑張ってくれて、ここでは職に就くことができました。(40代女性)

     

    ヒューマンリソシアのWebサイトへ

  2. リクルートスタッフィング

    300_250
    おすすめ度 5.0
    仕事の多さ 5.0
    フォロー体制 4.0
    設立:
    1987年
    登録スタッフ数:
    約90万人

    →業界最王手の派遣会社。

    一般的にも広く名の知れた企業であり、
    求人の質・量ともに国内最高と言えます。

    中でも、誰もがあこがれる超大手企業や、
    人気企業などのお仕事が豊富なのが魅力です。

    巨大なリクルートグループの強みを活かした
    他社よりもワンランク上の福利厚生
    スキルアップ制度など多彩なフォロー体制で
    はたらくスタッフの後ろを
    しっかりとサポートしてくれます。

    口コミのレビュー

    仕事の量が多くて、自分が選べる環境に驚いた!(30代女性)

    毎月しっかり状況確認のフォローをしてくれることに満足しています。(40代男性)

    時給を交渉しなくても、自然に上げてくれる派遣会社。(20代女性)

    なぜか、似たような求人でも他社より時給が高い。(30代女性)

    自己都合で退職したときでも、紹介が途切れず安心できた。(30代男性)

     
  3. インテリジェンス

    300_250
    おすすめ度 4.5
    仕事の多さ 4.0
    フォロー体制 4.5
    設立:
    1989年
    登録スタッフ数:
    非公開
    →「はたらくを楽しもう」をテーマに掲げ、
    転職支援サイト「DODA」や求人情報サイト「an」を運営する派遣会社。

    正社員転職に強みがあり、
    派遣での就業から正社員への
    ステップアップ実績も多数。

    業界内では洗練されているイメージがあり、
    非常に人気があります。

    派遣会社といえば、
    ほぼ全ての会社で
    訪問しての登録面談が必須ですが、
    インテリジェンスはWEBのみで
    派遣登録を完結させることが出来ます。

    来社不要の「オンライン登録」が
    時間短縮の面でも効率的です。
    口コミのレビュー
    若い社員が多いですが、皆さん親身に話を聞いてくれ、問題の解決に向けて一生懸命動いてくれて助かった。(30代女性)

    社員の質が他社よりも高いと思います。問題解決のスピードも速く、何に対してもレスポンスが良かった。(20代男性)

    営業担当の距離感のとり方が上手だった。派遣先からも好評価で、なんだか私も誇らしく思えた。(20代女性)

    インテリジェンスのWebサイトへ

  4. テンプスタッフ

    250_250gif
    おすすめ度 4.0
    仕事の多さ 3.5
    フォロー体制 3.0
    設立:
    1973年
    登録スタッフ数:
    国内約100万人
    →業界の老舗、女性を応援する派遣会社!
    比較的歴史の浅い派遣業界ですが、
    テンプスタッフはその先駆けとして、
    多くのノウハウが蓄積されています。

    社員教育もしっかりしており、
    トラブル対応力の高い営業が
    多く在籍しています。

    「今後もこの派遣会社の
    スタッフとして仕事がしたい」
    と賞賛されてる会社として
    評価されていて信頼できます。

    特に、働くママへのフォロー体制の充実度は
    派遣業界NO,1と言えます。

    子育てのために
    仕事のブランクがある人を対象にした
    「復職支援」が人気で、
    心構えからブランク解消のための
    実技研修など充実の内容です。
    女性には特に登録をお勧めしたい会社です。

     
    口コミのレビュー
    営業、仕事内容、時給。どれも相対的にレベルが高いです。(30代男性)

    数少ないママの味方になってくれる派遣会社!(30代女性)

    内部連携がしっかり取れている印象。社内のスタッフはみんないい人。(40代女性)

     

    テンプスタッフのWebサイトへ

  5. マンパワー

    normal_300_250
    おすすめ度 4.0
    仕事の多さ 3.0
    フォロー体制 4.0
    設立:
    1966年
    登録スタッフ数:
    約48万人
    日本で一番最初に
    派遣ビジネスをはじめた会社!
    マンパワーは、世界80カ国で
    事業展開するグローバルな派遣会社です。

    過去、派遣スタッフ満足度調査で
    「仕事紹介までのスピード(待機)の満足度」
    他5部門で第1位を獲得。

    外資系らしく、
    そのスピード感には定評があります。

    また、派遣だけの紹介にとどまらず、
    紹介予定派遣
    (最長6ヶ月の派遣就業後に直雇用の可能性)
    に代表される、直接雇用のシェアが
    多いのも魅力のひとつです。
    口コミのレビュー
    仕事決定までがとにかく早い。登録して即、就職できた。(30代男性)

    営業は過度なフォローをしないが、頼みごとに対するレスポンスが早くて助かっていた。(30代男性)

    基本、派遣先は優良企業ばかり。紹介される身としては安心して仕事先を選べました。(20代女性)

    仕事探しには
    マンパワーの運営するお仕事紹介サイト「JOBnet」を利用しましょう。 全国のマンパワーグループの求人を、
    たくさんの「こだわり条件」から
    お仕事詳細まで確認することができます。

    希望の仕事が見つかれば、
    マイページ登録をすることで
    実際に紹介が受けられます。

    マンパワーの「JOBnetへ」