ここ数年、

パワハラに代表されるように、

様々なハラスメントが社会問題となっています。

 

最近では、

スポーツ界でのパワハラ問題が記憶に新しいですが、

ビジネスの場においても、パワハラは起きています。

 

派遣なのに、パワハラに合った場合はどうすればいいのでしょうか?

 

派遣なのにパワハラ?!

まずは、

実際にどのようなハラスメントが起きているか、

私が派遣会社で働いていた時に実際にあった事例と、

スタッフさんから聞いた話を元に、

いくつかご紹介します。

 

ケース1:強制サービス残業

システムエンジニアとして派遣されていたAさん。

過去は正社員としてエンジニアの経験があり、スキルは高い人物。

 

派遣先の開発チームには所属するものの、

あくまでも派遣なので、

契約上は業務も限定的なもののみでした。

 

しかし、派遣先はAさんのスキルを把握済み。

Aさんが担当の仕事を終えて退社しようとすると、

 

「みんな残ってるんだから、終わったなら手伝ってよ」

「●●の作業もできるよね?派遣会社には内緒でそれもやってよ」

「残業代出す余裕ないから、タイムカードは退社にしといてね」

などと、サービス残業を強要

 

さらに、断ろうとすると、

次の更新で契約を打ち切るぞ!というようなことをチラつかせ、

断れる雰囲気を作らせなかったそうです。

 

ケース2:ノルマ未達成者を全社員の前で発表

美容系の通販会社の発信業務をしていたBさん。

 

その会社は毎週1度、全体での成績報告の時間があり、

その会議の場で、各個人の達成率が発表され、

未達成の社員は、

派遣社員であっても全員の前で叱責されていました。

 

「トークが全然ダメ!あんなので売れると思ってるの?」

「最初のロープレからやり直せ!!」

「新人でももっとマシなアプローチができる!」

等と罵られ、

 

さらに、

成績順にシフトの希望休が出せる仕組みで、

未達成だと、希望の日に休めないということもあったそうです。

ケース3:飲み会への参加を強要

地場の中小企業で事務をしていたCさん。

社員数も少なく、社内行事は全員参加という風習。

 

雇用形態なんて関係ない!という雰囲気はよかったものの、

反面で、飲み会への参加は強制。

 

飲みの誘いを断ると、

「これだから今の若いやつは!」

「“飲みにケーション”って言葉を知らないのか?!」

「飲み代はいらないって言ってるのに、何が嫌で来ないんだ!」

等と、ネチネチと文句を言われていたそうです。

 

ケース4:派遣社員を差別

事務職で派遣されていたDさん。

勤めていた派遣先は、

正社員と派遣社員を区別している企業でした。

 

過剰な業務を押し付けられず、契約書通りに勤務できるのは利点でしたが、

飲み会・ランチなどは正社員だけで行き、

「社員だけで行くから」とのけ者にするなど、

派遣社員が孤立しやすい環境でもありました。

 

また、

・「派遣だから仕事内容が簡単でいいね」

・「派遣だから定時で上がれていいね」

・「派遣だから責任がなくていいよね」

というような、差別的な発言をたびたび浴びせられ、

Dさんはかなりストレスを感じていました。

 

トラブル時の対応と相談先は?

ハラスメント被害にあったら記録を残す

派遣に限らず、職場でハラスメント被害にあったら記録を残しましょう。

 

これは、最悪の事態(労働裁判など)になった場合に、

自分が不利にならないためです。

 

一番良いのは音声を録音しておくことですが、

テープレコーダーを買うのもお金がかかりますし、

録音しているのがバレたら、職場に居づらくなるかもしれませんので、

日付と、何があったのかを、記録しておくだけでも大丈夫です。

 

①派遣会社の営業担当に相談

まず、最初に相談するのは、派遣会社の営業担当です。

営業担当が異性で言いづらい、頼りにならない場合は、

面接を担当したコーディネーターや、

社内の相談窓口に連絡してください。

※相談窓口は、契約書や登録時の案内書類に記載されていることが多いです。

 

そして、

いつ・何があったのか、それを踏まえて、

あなたはどうしたいのかを伝え、今後の方向性を相談しましょう。

 

ただ、やみくもに苦情を伝えるだけではなく、

ハラスメント被害を踏まえて、

その派遣先を辞めたいのか、

改善するよう打診してほしいのか、

自分の気持ちを事前に整理しておくと、よりスムーズに相談できると思います。

 

※派遣先企業の中に苦情を申し立てる部署(人事部)などが存在するケースもありますが、

まずは、派遣会社の営業に相談しましょう。

もしくは、派遣先の担当部署に苦情を申し立てる前に、

派遣会社の担当者に、苦情を申し立てること・それに至った経緯を伝えておいてください。

派遣は、あくまでも、3者間(派遣社員・派遣先・派遣会社)で成り立っています。

雇用主は派遣会社なので、トラブル時は、一人で解決しようとせず、

“まずは派遣会社に相談”が鉄則です。

 

②派遣会社の変更を検討する

派遣元にも派遣先にも相談しても、

何も解決しなかった場合、

別の派遣会社に登録し、新しい派遣先を探すのも一つの手段です。

 

これだと泣き寝入りするようで嫌だ!

と感じる方もいるかもしれませんが、

実際のところ、

派遣会社は、派遣先に対して強く言える立場ではないので、

早期解決はかなりハードルが高いです。

 

派遣会社にとって、派遣先企業は大事な顧客です。

特に、規模の小さい派遣会社の場合、

取引先が一つでも減ることは、

売上に大きなダメージを与えます。

 

“派遣先との間に波風をたてたくない”

というのが営業担当の本音でもあります。

 

もちろん、誠意ある営業担当であれば、

自社スタッフがハラスメント被害にあえば、

上記のような気持ちが根底にあっても、

しっかり派遣先に抗議・対応してくれます。

 

しかし、

最悪の場合は、

あなたが決死の思いで相談しても、

「まぁ、働いてればそんなこともあるから、ちょっとくらい我慢しなきゃ」

等とテキトウなことを言って、解決されないどころか、

全く親身になってくれないケースもあり得ます。

 

また、派遣会社から派遣先にハラスメントをなくすように働きかけたとしても、

派遣先の社内体制を変えるのは一筋縄ではいきません。

変わる方向に向いたとしても、完全に解決するまでに、

時間を要する場合がほとんどです。

 

そんな場合は、その派遣会社に固執せず、

思い切って別の派遣会社・派遣先を探すというのも一つの手段です。

③公的機関に相談に行く

派遣会社があてにならず、且つ、転職をせずに問題を解決したい、

という場合は、公的な機関を利用することもできます。

 

会社がある場所の労働局、もしくは労働基準監督署の中に、

総合労働相談コーナーがあり、対面でも電話でも相談ができます。

 

“あかるい職場応援団”

と検索すると労働相談の概要や管轄の労働局を調べることができます。

 

ハラスメント被害にあったら、一人で悩まずに

派遣会社や公的機関をフル活用して、問題解決を目指しましょう。

 

 

下のランキングも合わせて、ご参考になれば幸いです。
  1. ヒューマンリソシア

    banner_b_300_250
    おすすめ度 5.0
    仕事の多さ 4.5
    フォロー体制 4.5
    設立:
    1988年
    登録スタッフ数:
    約37万人

    →福利厚生が充実の派遣会社!
    元々、通信講座等の「教育サービス」が主力だった派遣会社です。

    派遣で就業すると、
    福利厚生として様々な資格取得の講座を割引で受けられます。
    数と質は他社より優れています。

    事務系のお仕事案件を
    メインとしていますので、
    デスクワークをしながら
    PCの資格を取得したい!

    資格を取って自分をレベルアップさせたい!
    という方にはメリットのある企業です。

    また、親身なスタッフ対応が
    この派遣会社の大きな強みとなっています。
    未経験から事務の仕事に就きたい方には、
    大手派遣会社よりオススメです。

    口コミのレビュー

    ここで働きながら、ファイナンシャルプランナーの資格を取得できました。営業さんがずっと応援してくれて、心強かったです。(20代女性)

    PCがあまり得意ではないため、他では全くと言っていいほど紹介されませんでしたが、担当さんが頑張ってくれて、ここでは職に就くことができました。(40代女性)

     

    ヒューマンリソシアのWebサイトへ

  2. リクルートスタッフィング

    300_250
    おすすめ度 5.0
    仕事の多さ 5.0
    フォロー体制 4.0
    設立:
    1987年
    登録スタッフ数:
    約90万人

    →業界最王手の派遣会社。

    一般的にも広く名の知れた企業であり、
    求人の質・量ともに国内最高と言えます。

    中でも、誰もがあこがれる超大手企業や、
    人気企業などのお仕事が豊富なのが魅力です。

    巨大なリクルートグループの強みを活かした
    他社よりもワンランク上の福利厚生
    スキルアップ制度など多彩なフォロー体制で
    はたらくスタッフの後ろを
    しっかりとサポートしてくれます。

    口コミのレビュー

    仕事の量が多くて、自分が選べる環境に驚いた!(30代女性)

    毎月しっかり状況確認のフォローをしてくれることに満足しています。(40代男性)

    時給を交渉しなくても、自然に上げてくれる派遣会社。(20代女性)

    なぜか、似たような求人でも他社より時給が高い。(30代女性)

    自己都合で退職したときでも、紹介が途切れず安心できた。(30代男性)

     
  3. インテリジェンス

    300_250
    おすすめ度 4.5
    仕事の多さ 4.0
    フォロー体制 4.5
    設立:
    1989年
    登録スタッフ数:
    非公開
    →「はたらくを楽しもう」をテーマに掲げ、
    転職支援サイト「DODA」や求人情報サイト「an」を運営する派遣会社。

    正社員転職に強みがあり、
    派遣での就業から正社員への
    ステップアップ実績も多数。

    業界内では洗練されているイメージがあり、
    非常に人気があります。

    派遣会社といえば、
    ほぼ全ての会社で
    訪問しての登録面談が必須ですが、
    インテリジェンスはWEBのみで
    派遣登録を完結させることが出来ます。

    来社不要の「オンライン登録」が
    時間短縮の面でも効率的です。
    口コミのレビュー
    若い社員が多いですが、皆さん親身に話を聞いてくれ、問題の解決に向けて一生懸命動いてくれて助かった。(30代女性)

    社員の質が他社よりも高いと思います。問題解決のスピードも速く、何に対してもレスポンスが良かった。(20代男性)

    営業担当の距離感のとり方が上手だった。派遣先からも好評価で、なんだか私も誇らしく思えた。(20代女性)

    インテリジェンスのWebサイトへ

  4. テンプスタッフ

    250_250gif
    おすすめ度 4.0
    仕事の多さ 3.5
    フォロー体制 3.0
    設立:
    1973年
    登録スタッフ数:
    国内約100万人
    →業界の老舗、女性を応援する派遣会社!
    比較的歴史の浅い派遣業界ですが、
    テンプスタッフはその先駆けとして、
    多くのノウハウが蓄積されています。

    社員教育もしっかりしており、
    トラブル対応力の高い営業が
    多く在籍しています。

    「今後もこの派遣会社の
    スタッフとして仕事がしたい」
    と賞賛されてる会社として
    評価されていて信頼できます。

    特に、働くママへのフォロー体制の充実度は
    派遣業界NO,1と言えます。

    子育てのために
    仕事のブランクがある人を対象にした
    「復職支援」が人気で、
    心構えからブランク解消のための
    実技研修など充実の内容です。
    女性には特に登録をお勧めしたい会社です。

     
    口コミのレビュー
    営業、仕事内容、時給。どれも相対的にレベルが高いです。(30代男性)

    数少ないママの味方になってくれる派遣会社!(30代女性)

    内部連携がしっかり取れている印象。社内のスタッフはみんないい人。(40代女性)

     

    テンプスタッフのWebサイトへ

  5. マンパワー

    normal_300_250
    おすすめ度 4.0
    仕事の多さ 3.0
    フォロー体制 4.0
    設立:
    1966年
    登録スタッフ数:
    約48万人
    日本で一番最初に
    派遣ビジネスをはじめた会社!
    マンパワーは、世界80カ国で
    事業展開するグローバルな派遣会社です。

    過去、派遣スタッフ満足度調査で
    「仕事紹介までのスピード(待機)の満足度」
    他5部門で第1位を獲得。

    外資系らしく、
    そのスピード感には定評があります。

    また、派遣だけの紹介にとどまらず、
    紹介予定派遣
    (最長6ヶ月の派遣就業後に直雇用の可能性)
    に代表される、直接雇用のシェアが
    多いのも魅力のひとつです。
    口コミのレビュー
    仕事決定までがとにかく早い。登録して即、就職できた。(30代男性)

    営業は過度なフォローをしないが、頼みごとに対するレスポンスが早くて助かっていた。(30代男性)

    基本、派遣先は優良企業ばかり。紹介される身としては安心して仕事先を選べました。(20代女性)

    仕事探しには
    マンパワーの運営するお仕事紹介サイト「JOBnet」を利用しましょう。 全国のマンパワーグループの求人を、
    たくさんの「こだわり条件」から
    お仕事詳細まで確認することができます。

    希望の仕事が見つかれば、
    マイページ登録をすることで
    実際に紹介が受けられます。

    マンパワーの「JOBnetへ」